週刊文春 電子版

鈴木保奈美が我慢の限界だった 石橋貴明のモラハラ

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

 16日、ユーチューブチャンネル「貴ちゃんねるず」で離婚を発表した石橋貴明(59)と鈴木保奈美(54)。

 小誌が昨年11月、鈴木の「個人事務所設立」と離婚の可能性を報じてから8カ月を経ての「決着」だった。

 

 昨秋、同事務所の取締役に名を連ねる鈴木の母親は、小誌に「(不仲は)聞いてない。二十何年も一緒にいれば飽きるかもしれない(笑)」と語っていた。今回改めて訊ねると、

「(発表の)直前に娘から報告を受けました。でも、詳しいことはよく分からない」

 引き続き石橋が代表を務める事務所には留まるという鈴木だが、都内の一等地に億ションを購入するなど、着々と“おひとりさま”人生への準備を進めていた。

「離婚は鈴木さんの意思で、3年ほど前から計画していたといいます。随分前から危機が囁かれていましたが、それでも末の娘が高校を卒業するまで夫婦関係を全うし、別れた。末娘の卒業式には夫婦揃って出席していました」(芸能記者)

 1998年に結婚した2人。互いに再婚だった。結婚とともに鈴木は芸能界を引退。99年に長女、2000年に次女、02年に三女をもうけた。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年7月29日号

文春リークス
閉じる