週刊文春 電子版

経歴詐称“告発”へ 美人都議 公選はがきにも虚偽学歴

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治

「学歴証明書はありますけど、もう自民党東京都連の髙島直樹幹事長にお見せしていますから」

 小誌先週号が経歴詐称疑惑を報じた自民党の土屋美和都議(43)。地元支援者らを前に、こう言い張っているという――。

 都議選で世田谷選挙区から初当選した“美人都議”の土屋氏。菅義偉首相と「メル友」なのがウリで、選挙戦でも菅事務所の支援を受けた。改めて政界遍歴を振り返っておくと、

「16年に自民党の参院候補の公募に手を挙げ、最終まで残るも出馬ならず。19年の神奈川県議選に出馬し、菅氏と縁ができた。菅氏の推薦で丸川珠代氏の選挙を手伝っていた時期も。直近は、二階派の門博文衆院議員の私設秘書でした」(都政担当記者)

 告示前のチラシなどでは最終学歴は〈ニューヨーク大学経営大学院修了〉としていた。ハーバード大学経営大学院と並び称される世界屈指の名門ビジネススクールである。しかし、小誌が同大に照会したところ、土屋氏が経営大学院で授業を受けたり、学位を取得したりした記録は存在せず、他学部の、卒業単位にならないコースの受講歴を確認できただけだった。

 大学側が存在しないと明言する学歴の証明書を、どうやって髙島氏に見せたのか。当の髙島氏に尋ねると、「個人情報なので現時点で説明できることはなにもないッ! 以上ッ!」。

 公選法235条では、当選のために虚偽の経歴を公にした場合の罰則を規定し、過去には当選無効の事例も。03年の衆院選では民主党(当時)の古賀潤一郎氏が選挙公報などに記載した「ペパーダイン大学卒」の学歴に疑義が呈され、同党を除名された後、検察の事情聴取を受け議員辞職した。

 ただ、土屋氏の場合、「ニューヨーク大院の学歴を選挙前はホームページに記載していたが、現在は削除している。選挙公報でも最終学歴は聖心女子大にしていた」(自民党関係者)。

 なぜか選挙中は華麗なる経歴を“封印”していた土屋氏。だが重大な消し忘れがあった。選挙期間中に候補者や政党が有権者に公費負担で配布できる「公選はがき」だ。小誌が入手した土屋氏の公選はがきには、〈ニューヨーク大学経営大学院修了〉としっかり明記されている。有権者に届いたものの一部には、「そこだけ白いシールが張られていた」との証言もあるが、真の学歴だと主張する彼女が、なぜそんなことをしたのか。

疑惑の公選はがき
全ての画像を見る(1枚)

 公選法に詳しい神戸学院大の上脇博之教授が語る。

「選挙期間中に使用される公選はがきは、選挙公報に準ずるものです。虚偽の学歴を記載した場合、公選法に抵触する可能性が極めて高い。また、チラシやホームページなどに記載されている経歴は候補者自身が明らかにしているもので、個人情報として秘匿されるべきものでは全くない。公選法違反の疑いがある以上、自民党都連は真偽を明らかにする責務があります」

 また、小誌が先週号で指摘した、虚偽住所の届出疑惑もある。選挙管理委員会に「現住所」として届け出ていた世田谷区内のマンションには別人夫婦が居住。近隣住民は選挙期間中も土屋氏を目撃せず、居住実態に疑義がある。地元からは“告発”の動きが。世田谷区在住の60代女性が語る。

「嘘をついて当選したとすれば、そのような人が4年間も都議をやるなんてあってはならない。選管に当選無効を求める異議申し立ての準備を進めています」

 選挙違反を摘発する警視庁捜査二課も注目するこの疑惑。土屋氏に学歴証明書を見せてもらえるよう改めて求めたが「(ニューヨーク大学経営大学院修了の学歴は)事実です」と書面で答えるのみであった。

source : 週刊文春 2021年7月29日号

この記事の写真(1枚)

文春リークス
閉じる