週刊文春 電子版

瀬戸大也「代表と一緒にやらない!」怒りの山ごもり

「週刊文春」編集部
ニュース スポーツ

「代表選手の多くは7月16日からJISS(国立スポーツ科学センター)で、隔離された状態で合宿をし、19日から選手村に入りました。でもそこに、彼の姿はありませんでした」(日本水泳連盟関係者)

 競泳の金メダル候補、瀬戸大也(27)のことである。

 3種目に出場する瀬戸。

「6月の試合では平凡なタイムだったものの、『本番で思い描くレースができれば、金メダルは99%獲れる』と自信満々で語っていました。7月24日に予選が行われる400メートル個人メドレーを皮切りに、200メートルバタフライと200メートル個人メドレーに登場します」(水泳担当記者)

前回五輪では400m個人メドレーで銅
全ての画像を見る(2枚)

 昨年9月、「週刊新潮」に“白昼不倫”を報じられて謝罪、所属先のANAから契約を解除された。日本水泳連盟からも年内の活動停止処分を下された。

「活動停止中は拠点としていたJISSの使用は許されず、母校の早稲田大学や自衛隊体育学校、高校のプールを使って練習することもあった。早稲田にはシュークリームを持参して、『ありがとうございます』と頭を下げたそうです」(前出・水連関係者)

 所属先がないとレースに出られないため、復帰後は任意団体「TEAM DAIYA」を設立した。

「中心メンバーは昨年からコーチを務める埼玉栄高校時代の同級生・浦瑠一朗(うらりゅういちろう)氏と、体幹強化などを指導する三富陽輔トレーナー。瀬戸にとっては気の置けない仲間です」(前出・記者)

 瀬戸は本番3日前の21日まで長野県東御(とうみ)市の標高1750メートルの場所にある、国内唯一の高地トレーニング用屋内プールで練習するという。JISSでの直前合宿に合流しないのには理由がある。

「瀬戸のトレーナーの三富氏は元々日本代表のトレーナーでもあったのに、なぜかADカード(五輪会場やJISSへの立ち入り許可証)の発行が認められなかったのです。瀬戸とすればスタッフが会場入りできないのでは合宿に参加するメリットがない。他の選手のトレーナーらはみんな許可証をもらい、選手よりスタッフのほうが多いほど」(前出・水連関係者)

 山ごもり中の当の瀬戸は、

「『なんで発行されないのか分からない!』と怒っていた」(別の水連関係者)

 背後にはこんな人間関係も見え隠れする。

「6月22日、水連の現場トップである競泳委員長(当時)の平井伯昌氏がオンラインで取材に応じた際、『もちろん瀬戸本人のADカードの作成はしますが、瀬戸はいまのところ選手村には入らない予定』と明かしたのです。瀬戸への厳しい処分を主導した一人である平井氏が『ここは伏せて』と言いながらも明かした話だけに、記者たちからは『トレーナーにカードを発行しなかったのは平井氏の意向か』との声が出ました」(前出・記者)

 水連に事実関係を尋ねたが回答はなかった。

 夏が得意という瀬戸はここにきて調子を上げている。

「泳ぎ込み不足で停止期間中に5キロ以上太ったが、現在はベストに近い76キロ台。毎日ストイックに練習に打ち込んでいる。ここぞの集中力に関係者は舌を巻いています」(同前)

 怒りの山ごもりの成果を見せてほしい。

妻・馬淵優佳は元飛び込み選手(インスタより)

source : 週刊文春 2021年7月29日号

この記事の写真(2枚)

文春リークス
閉じる