週刊文春 電子版

「障がい者イジメ」小山田圭吾“一派”を抜擢したのは「渡辺直美侮辱男」だった

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 芸能 音楽

〈全裸にしてグルグルに紐を巻いてオナニーさしてさ。ウンコを喰わしたりさ。ウンコ喰わした上にバックドロップしたりさ〉(「ロッキング・オン・ジャパン」94年1月号)

〈障害がある人とかって言うのは、なぜか図書室にたまる(略)きっと逃げ場所なんだけど〉(「クイック・ジャパンvol.3」95年7月刊)

 そう語っていたのは、五輪開会式の作曲担当を辞任した小山田圭吾氏(52)。なぜ「障がい者イジメ」を自慢するような人物が、「多様性と調和」を掲げる五輪の式典に抜擢されてしまったのか――。

「クイック・ジャパンvol.3」(95年7月刊)

 これまで演出責任者の交代が繰り返されるなど、迷走を重ねてきた開会式。開幕を目前に控えた7月14日、組織委員会は演出チームのメンバーを発表した。

「ところが、その直後、小山田氏の『障がい者イジメ』が明るみに出たのです。小山田氏は2日後の16日に謝罪文を公表。ただ組織委は〈過去の発言は把握していなかった〉とした上で、一旦は〈現在は高い倫理観をもって創作活動に献身するクリエーターの一人であると考えている〉と続投を決めた。しかし国内外の反発を受け、結局、小山田氏は19日に辞任を発表しました」(五輪担当記者)

 一体、小山田氏とはどんな人物なのか。

「89年、中学時代の同級生・小沢健二らとバンド『フリッパーズ・ギター』を組んでデビューを果たしました。91年の解散後は『コーネリアス』名義でソロ活動を行う傍ら、レコードレーベルを立ち上げた。90年代の音楽シーンを席巻した“渋谷系”の代表格です。オノ・ヨーコがジョン・レノンと共に立ち上げた『プラスティック・オノ・バンド』のレコーディングにも参加しています」(音楽ライター)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年7月29日号

文春リークス
閉じる