週刊文春 電子版

組織委最高幹部が告発 バッハIOC会長 ノーベル賞欲しさで「北朝鮮に行く」

「私が拉致被害者を連れ戻す」。日本はバッハの思いつき“政治利用”に振り回され続けてきたのです

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 政治 国際 スポーツ

 7月23日に開幕する東京五輪。祭典の裏側を覗くと――。

「バッハ氏の横暴は、もう許せません。来日してからも日本政府、日本国民を蔑ろにするような振る舞いばかり。感染再拡大が続いているにもかかわらず、広島を訪問したのも、本人たっての希望でした。世論の反発も高まっていましたが、『主催者の俺が決めることだ』と言わんばかりの姿勢に、組織委員会もNOと言えなかったのが実情です」

7月18日にはバッハ氏の歓迎会も開かれた

 小誌の取材に重い口を開くのは、五輪組織委員会の最高幹部。その人物は無力感と憤りを滲ませて、こう続けるのだった。

「五輪の“政治利用”も厭わない彼の行動に、これまで日本政府は振り回され続けてきました。今回の広島だけでなく、それこそ、北朝鮮を巡っても――」(同前)

 7月23日に開幕を迎える東京五輪。これに先立ち、8日に来日したのがIOCのトーマス・バッハ会長(67)である。ところが早速、国民感情を逆撫でするような発言を行った。13日、組織委の橋本聖子会長と面会した際、「最も大事なのはチャイニーズピープル」と言い間違えたのだ。

「バッハ氏と習近平国家主席の“蜜月”は有名です。バッハ氏の会長就任後、中国企業の蒙牛乳業がコカ・コーラと共同で推定8000億円、アリババが同800億円の巨額契約でIOCのスポンサーになった。チャイニーズ発言は、『思わず彼の本音が漏れた』と囁かれました」(IOC関係者)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年7月29日号

文春リークス
閉じる