週刊文春 電子版

タマホーム社長(42)のコロナ・トンデモ動画 「ワクチン打ったら出社できない」音声も

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 企業
「大丈夫、大丈夫」と繰り返す玉木氏
「大丈夫、大丈夫」と繰り返す玉木氏

「お恥ずかしい限りですが、うちが文春の報道に反論したリリースは、まったくの嘘です」

 こう話すのは、社員に対して事実上の“ワクチン禁止令”を出している、と小誌が先週号で報じた大手住宅メーカー、タマホームの現役社員・A氏である。

 同社は小誌報道を受け「事実と異なる内容が含まれており(中略)誤った印象を与える」とするリリースを7月22日付けで公表。だが、必死の思いで小誌に情報を寄せた社員からは嘆きの声が続出している。

「はっきりと『コロナのワクチンを接種すれば出社できない』と上司から指示され、その際は『無給になる』とも言われました。虚偽のリリースに憤りを覚えます」(A氏)

“ワクチン禁止令”は、創業者の長男で2018年に二代目社長に就任した玉木伸弥氏(42)の発案だ。玉木氏は「ワクチンを打ったら5年で死ぬ」「(携帯の)5Gがコロナを引き寄せる」などの説を社内で唱えている。無論、個人が何を信じようが自由だが、社長という立場を利用し、社員にワクチン接種の禁止や5G通信の機能オフを強く推奨していることに社員たちは危機感を募らせている。今回、「ネット上の真偽不明な説に飛びついてはコロナについて不可解なアドバイスを連発する社長の実態を伝えたい」(同前)といくつかの社内動画が提供された(動画は文春オンラインで公開中)。

 社内向けに配信する玉木氏のビデオレター「タマちゃんTV」。月に一度のペースで配信されるこの動画をぜひ記者に見てほしいというのだ。コロナが国内で流行し始めた昨年2月の動画では、真剣な表情で玉木氏がこう訴えている。

〈コロナウイルスは(略)最強のウイルスです。人工の、人造のウイルスです。ある学者さんから聞いた話ですが、新型コロナウイルスはマイコプラズマの菌に、エボラとHIV、いわゆるエイズですね、エイズの菌を混ぜて作ったウイルスだと言われております〉

 
全ての画像を見る(2枚)

コロナウィルスは熱に弱い

 時に右手の人差し指を天に向けて立てながら、確信した様子で力説する玉木氏。同年4月配信の「タマちゃんTV」では、社員にこんな助言をしている。

〈「コロナになったら死ぬんじゃないか」とかですね、不安になっていると思います。そういう時どうすればいいか。秘密の言葉を、こっそりと教えたいと思います。それは「大丈夫、大丈夫」ということです。「大丈夫、大丈夫」〉

 動画の中の玉木氏は両手の拳をぎゅっと握り、顔の脇で上下させながら真剣にこう続ける。

〈心の中とか、自分に向かって、家族に向かって、『大丈夫、大丈夫。大丈夫、大丈夫。大丈夫、大丈夫』と言うと、本当に大丈夫になってきます〉

 玉木氏の知人・B氏の話。

「彼は昔からネットの噂や陰謀論など何かをすぐに信じ込む。気分の浮き沈みが激しく、ハイな時は異様に大食いになって、うどん屋で大盛りを2杯平らげたりすることも。社長になる前には、流行りのコーチングにはまって感銘を受け、部下にも受講させていた」

 コロナ対策を巡っても様々な助言が連発されている。社内メールでは、例えば「人づくり部」(人事部署)が昨年、社員一同に対し、こう呼びかけている。

〈コロナウィルスは非常に熱に弱いことがわかりました。耐熱性に乏しく、26―27度の温度で殺傷します。(略)外出時も暖かいお茶などをポットで持ち歩いて飲んで下さい。※ポットを持って出かけられない時は、出先で熱いお湯や白湯を調達して頻繁に飲むようにしてください〉

 社員・C氏が嘆息する。

「そんなわけないだろ~と脱力しました。玉木社長はこうした説を突然言い出すのが常ですが、それに意見したり諫める社員は子会社に異動させるなど“排除”される、ともっぱらの評判です。実際に異動した社員がいるので、理由は不明でも、みんな疑心暗鬼になる。その結果、幹部はイエスマンばかりになり、社長の思い付きが誰にも止められることなく下におりてきます」

 忖度の末に、社内文書における社長の言動には過剰に敬語がつけられる。今年7月2日付けの「休暇取得の推奨について(国内旅行等)」と題された通達には、こうある(太字は編集部)。

〈玉木社長からのご厚情により、休暇日数増加を推奨させていただきます〉

 3連休で取得可能だった夏の休暇を4連休に増やす、ただし公休または有休扱い、との内容である。〈休暇取得(国内旅行等)によるリフレッシュを推進致します〉と、コロナ禍に国内旅行を促してもいる。

 今年3月には〈懇親会の開催〉を推す文書もあった。

〈新型コロナウイルス感染症対策の為、懇親会の開催が全国的に控えられており、社内コミュニケーションが図られていない状況を鑑み、この度玉木社長より、各拠点で懇親会を開催するとご提案及びご許可を頂きました〉

〈ランチミーティングでの開催はお控えください〉

社長には最大限の敬語を使う社内文書

 社員・D氏が語る。

「これは『夜に飲み会をしなさい』という意味です。実際に飲み会は各地で開かれました。ワクチンや5Gについて恐ろしげに語ったかと思えば、旅行や飲み会を推奨するのです」

 今年2月に玉木氏が全社員に送ったメールでも、飲み会の制限を緩和する旨をこう説明している。

〈人数制限を解除します〉

〈50人でも100人でも、OKです!!〉

 そして肝心のワクチンについて、同じメールにこんな記載があった。

「副反応のためではない」

〈ワクチンについても、私の持論を役員と、地区本部長に話してあります。言論統制や弾圧されるので、こっそり聞いてください〉

 これは何を意味しているのか。

「ワクチン禁止については明確に書面やメールに書いたり、社長名義で通達することを避けてきました。政府も推奨し、ワクチン接種を希望する人が増えるなかで禁止令を出す危険性はさすがに分かっていたようです。なので、このように仄めかす言い方をメールではしているのです」(同前)

 では実際にはどのように現場に伝えられるのか。小誌は今年7月に社内で録音された音声を入手した。本社の役職者が社員に向けて次のように説明している。

「ワクチンを打った後は、出社はできないことになっている」

「期間は聞いていない。もしかしたら当分、1カ月や2カ月、自宅待機になる可能性はある」

 提供者は、前述した社長の“排除”や犯人捜しを恐れていたため詳細は伏せるが、ある課長級の役職者の肉声である。タマホームは小誌への反論リリースで「当初、ワクチン接種後の副反応を考慮し、ワクチンを接種した社員においては一定期間在宅勤務を行うものとしておりました」と記していたが、この席でははっきりと、「(自宅待機は)副反応のためではない」と説明している。

「実はリリースを出す直前、ワクチンについての社内通達が突然届きました。『接種は個人の判断』『趣旨を誤解のないように』と書いてある。必死のつじつま合わせだと感じました」(前出・C氏)

 タマホームにこうした経緯について尋ねたが回答はなかった。社員たちの「ハッピーライフ」はいつになったら訪れるのか――。

source : 週刊文春 2021年8月5日号

この記事の写真(2枚)

文春リークス
閉じる