週刊文春 電子版

菅首相 天皇開会宣言“着席”で驚きの言い訳

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 スポーツ
金メダル第1号の高藤に電話
金メダル第1号の高藤に電話

「私は、ここに第32回近代オリンピアードを記念する――」

 7月23日夜、東京五輪の開会式で、大会の名誉総裁を務める天皇が開会宣言を述べられた。ところが、隣に座っていた菅義偉首相はなぜか立ち上がらず……。

慌てて立ち上がる首相(NHKより)
全ての画像を見る(4枚)

 官邸関係者が言う。

「コロナ対応などが批判される中、首相は何とか五輪を盛り上げ、解散総選挙に繋げていきたい。周囲が中止を進言しても『五輪が始まれば、国民はやって良かったと言うから』と一切耳を貸しませんでした」

 そんな菅首相が開幕を目前に控え、強い危機感を覚えたのが開会式だった。

「作曲担当だった小山田圭吾氏の障がい者イジメが発覚すると、すぐさま『辞めさせるべきだ』と組織委に伝えました。武藤敏郎事務総長は『今からでは間に合いません。彼は謝罪文も出しましたし』と抵抗したのですが、結局、辞任に追い込まれた。演出担当の小林賢太郎氏のホロコーストを揶揄したコントが問題視された時も、朝5時前後に秘書官とやり取りし、『クビにしないとダメだ』と組織委に命じました。首相としては、政権浮揚の“切り札”である五輪を成功させるために、リスクはできる限り排除しておきたかったのでしょう」(首相周辺)

組織委の武藤事務総長

 そうして迎えた開会式当日。だが、本番が始まる頃には、早くも表情に疲れが見え始めていたという。

「首相は毎朝5時に起きて新聞全紙に目を通し、夜11時頃には寝る生活です。この日も、朝はファイザーのブーラCEOとの朝食会合があった。午後は皇居で天皇と各国首脳との面会に同席。慣れない外交案件も続いていました」(同前)

 夜8時にスタートした開会式。だが、各国の入場行進はソーシャルディスタンスを取るため、通常より30分以上長い約2時間に及んだ。さらに、組織委の橋本聖子会長の挨拶は6分半、IOCのバッハ会長の挨拶に至っては13分間。これには、開会式に出席した組織委前会長の森喜朗氏も、

「橋本聖子も長かったけど、バッハも長かったな。あれはひどい」

 と漏らしていたという。

13分スピーチのバッハ会長

 いつもの菅首相であれば、床に就いているはずの夜11時15分。冒頭のように、天皇が開会を宣言されたが、首相は着席したままだ。同席していた小池百合子都知事に促され、慌てて立ち上がるのだった。

 自民党幹部も嘆く。

「いくら72歳と高齢で疲れていたとはいえ、儀礼上、あり得ません。みっともない振る舞いです」

 そもそも菅首相は安倍晋三前首相らと比べ、皇室に思い入れがないとされる。

「宮内庁の西村泰彦長官が6月下旬に『(陛下が五輪開催を巡り、コロナの感染拡大を)ご懸念されていると拝察している』と発言した時も、五輪の開催にこだわっていた首相は不快感を示していました。しかし今回の着席には、さすがに『不敬だ』と批判が相次いでいます」(政治部デスク)

 すると7月27日、組織委は首相を擁護するように、「バッハ会長が最後に天皇陛下に開会宣言を求めたため、事前に予定されていた起立を促す場内アナウンスが流れなかった」ことを明らかにした。

 だが、小誌が入手した7月18日付の台本にはこう記されている。

〈バッハ会長の振りを受けて、国家元首による開会宣言〉

天皇の開会宣言も

 つまり、バッハ氏は予定通り、天皇に開会宣言を求めたわけだ。場内アナウンスの有無とは関係がない。

 出席者の一人が言う。

「確かにアナウンスは流れませんでしたが、陛下が起立されたのを見て、周りの人たちは自然に立ち上がっていました。それが普通だと思うのですが……」

 当の首相はすぐに起立しなかった理由を、周囲にこう言い訳していたという。

「誰も言ってくれなかったんだよ」――。

 最後までグズグズの開会式はこうして幕を閉じた。

source : 週刊文春 2021年8月5日号

この記事の写真(4枚)

文春リークス
閉じる