週刊文春 電子版

「トニ・ブランコ 真の渇望」|鈴木忠平

嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか 第23回

鈴木 忠平

連載

エンタメ 社会 スポーツ

「お前の力をわかった上で契約している」沈鬱な表情の異国の打者に落合は言った。

 

(すずきただひら 1977年千葉県生まれ。日刊スポーツ新聞社に入社後、中日、阪神を中心にプロ野球担当記者を16年経験。2019年よりフリー。著書に『清原和博への告白 甲子園13本塁打の真実』、取材・構成担当書に『清原和博 告白』、『薬物依存症』がある。)

 8月終わりのナゴヤドームは久しぶりに沸いていた。故障で戦線離脱していた主砲トニ・ブランコが3カ月ぶりに本拠地のバッターボックスに戻ってきたのだ。中位に停滞する2011年シーズン、ここから反攻が始まるはずだという期待がスタンドに満ちていた。

 

 球団通訳の桂川昇はベンチからブランコを見つめていた。桂川の手には黒い革製の手帳があった。相手投手がブランコに投じる一球一球をそこに書き込んでいく。いつからか、毎試合そうするようになっていた。

 3点を追う8回裏、巡ってきたチャンスに、ブランコのバットは大きな弧を描いて空を切った。188センチの4番バッターは眉間に深い皺を刻んでベンチに引きあげてきた。

 きょうは長い夜になるかもしれない……、桂川はそんな予感がした。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年1月28日号

文春リークス
閉じる