週刊文春 電子版

男性共演者が告白「テラスハウススタッフが木村花さんの胸をさわれ」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 芸能 テレビ・ラジオ

「感情表現をねじ曲げる指示は出していない」。先週号が発売された翌日、フジテレビは社長会見でやらせ疑惑を完全否定した。「花がウソをついたというのでしょうか」。怒りが収まらない母響子さん。今回新たに男性共演者がやらせ疑惑、番組の実態を小誌に告発した。

◆ ◆ ◆

「コスチューム事件」の当事者が反論

「あの一つ屋根の下で“やらせ”は確かにあった。フジテレビ側としては隠したい、何もなかったことにしたいのかな。花のためにフジの姿勢が変わって欲しいから事実をお話しします」

 こう重い口を開くのは小林快さん(25)。『テラスハウス』(フジテレビ/Netflix)出演中に亡くなった女子プロレスラーの木村花さん(享年22)の共演者であり、花さんが命を自ら絶つ発端となった「コスチューム事件」の当事者だ。先週号での母・響子さんによる“やらせ”告発に続き、快さんがフジテレビの説明に徹底反論した――。

母の響子さん

 7月3日、フジテレビ本社10階で開かれた社長会見。遠藤龍之介社長以下6人の幹部は、アクリル板越しの質疑応答に臨んでいた。

 その前日に発売した小誌では、響子さんの証言をもとに花さんが番組スタッフから快さんに「ビンタしろ」と指示されていたことや、それを裏付けるLINEと契約書の存在を詳報。

 会見では、社内調査チームのトップである大多亮常務が検証について次のような報告を行い、小誌報道を完全否定したのだった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2020年7月16日号

文春リークス
閉じる