週刊文春 電子版

所属俳優が告白「舘ひろしさんは事故を起こした私を…」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

 今年4月に自らの事務所「舘プロ」を設立し、7月に5人の新所属タレントのお披露目会を行った舘ひろし(71)。そのメンバーの一人は、ある“過去”を背負っていた――。

 石原裕次郎が設立した「石原プロモーション」。石原の没後、渡哲也が社長を務めていたが、昨年8月に渡は78歳で逝去。石原プロは今年1月に解散し、58年の歴史に幕を閉じた。

渡は約33年石原軍団を率いた

 渡の思いを引き継いだのが舘だ。渡からは「石原プロが解散したら、若い社員や俳優の面倒を見てやってくれ」と託されていた。

「舘と共に石原プロの看板だった神田正輝は1人でやれるとフリーに。知名度のある徳重聡や金児憲史は自らの伝手で他の事務所に移籍した。だが、舘がどうしても自ら面倒を見たい、見ざるを得ない俳優がいたのです」(元石原プロ関係者)

 舘と合流したのは若手の増本尚(21)、そして中堅の池田努(42)の2人だった。

 池田が石原プロに所属したのは、「第二の石原裕次郎」を探す新人発掘オーディションで最終選考に残った2000年のこと。グランプリを獲得した徳重と共に、石原軍団の一員として順調なスタートを切った。

美大中退の池田は画家としても活動

 ところが03年、ドラマ「西部警察2003」の撮影中にスポーツカーの運転操作を誤り、見物客の中へ突っ込んでしまう。5人が重軽傷を負い、ドラマは制作中止に追い込まれた。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年8月12日・19日号

文春リークス
閉じる