週刊文春 電子版

自民過半数割れ、立憲伸び悩み、維新3倍増、衆院選289全選挙区予測

久保田 正志
ニュース 社会 政治

 菅首相が「総裁任期を踏まえ、判断する」と語る解散総選挙。感染拡大で政権に逆風が吹いている中、自民党は踏み留まることができるのか。あの疑惑大臣や不祥事議員、注目選挙区の当落は? どこよりも詳しい完全予測!

(くぼた まさし 政治広報システム研究所代表)

「開会式は過去最高に近い視聴率だった。柔道もかなり強いし」

 56.4%の視聴率を記録した7月23日の開会式、翌24日から始まった柔道の金メダルラッシュを受け、菅義偉首相はそう笑みをこぼしたという。

 だが、2日後の7月26日、首相の表情は一変する。日経新聞の世論調査で、内閣支持率が9ポイント減の34%と報じられたのだ。政権と近いとされる日経での支持率急落。首相は思わずこう漏らすのだった。

「なんで、ここまで下がるのか……」

 政治部デスクの解説。

「菅首相は『五輪で国民は盛り上がる』と口にしてきました。同時に7月末までには高齢者のワクチン接種を完了させ、感染拡大を食い止める。五輪とワクチンで勢いをつけた上で、解散総選挙に踏み切り、総裁選の無投票再選に持ち込む構えだったのです」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年8月12日・19日号

文春リークス
閉じる