週刊文春 電子版

瀬戸大也を悩ませた「コーチ不在」と妻の“露出”

「週刊文春」編集部
ニュース スポーツ テレビ・ラジオ

「メダルは99%獲れます」

 五輪前、そう自信を漲らせていた瀬戸大也(27)だが、結果は3種目でメダル0。「ちょっと信じられないです」と茫然自失していた彼に何が起きていたのか。

 2016年のリオ五輪で銅メダルを獲得し、一躍スターとなった瀬戸。栄光の裏には、小学生時代から指導し続けてきた梅原孝之コーチの支えがあった。

プロポーズでは100本のバラを用意

 だが昨年4月に突然、梅原コーチとの師弟関係を解消。後任には指導者経験のない埼玉栄高時代の同級生・浦瑠一朗氏が就いた。

「梅原さんは簡単に選手を見放す人ではありません。しかし、連日の夜遊びなど瀬戸の素行の悪さに頭を悩ませ、最後は『もうやめさせてくれ』と愛想を尽かしたようです。瀬戸は『契約の関係で』と説明していましたが」(水連関係者)

 私生活にも厳しかった梅原氏がいなくなり、周囲が心配する中、9月に瀬戸の“白昼不倫”が報じられた。

 年内の活動停止処分が下された瀬戸。母校の早大などのプールを転々としながら練習していたが、「お腹が赤ちゃんみたいにプニョプニョで、五輪は厳しそうに見えた」(早大関係者)。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年8月12日・19日号

文春リークス
閉じる