23年にわたって小誌にコラムを書き続けた小林信彦さん。連載を終え、スターたちとの交友や五輪、今後などについてを語った。

 

(こばやしのぶひこ 1932年東京生まれ。早稲田大学文学部英文科卒業。『ヒッチコックマガジン』編集長を経て作家に。「丘の一族」「家の旗」などで芥川賞候補。2006年『うらなり』で菊池寛賞受賞。近著に『決定版 日本の喜劇人』。)

 1998年から続く、小林信彦さんの名物コラムが7月8日号をもって、最終回を迎えた。最終回のタイトルは〈数少い読者へ〉だったが、編集部には「読者は決して少なくなかったはずです」という愛読者からの手紙が殺到した。

 今回は「あれっ?」っていうぐらい反応(読者からの手紙)が多かった。ありがたいことですね。

 もともと文春で神吉(かんき)拓郎さん(作家・1994年没)がコラムを連載されていたんです。僕は当時葉山に住んでいて、神吉さんとはご近所で交流もあったので、応援してたんですが、意外と早く終わってしまった。何年も後に、文春の編集部から「コラムを書きませんか」と話があって、後を継ぐつもりで始めたんです。

 連載第1回では、幼い頃から身体が弱く、20歳まで生きるのは難しいと医師に言われていた小林さんが、父が亡くなった年齢である〈50歳〉を迎えたときの感慨がこう綴られている。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2021年8月12日・19日号