週刊文春 電子版

宮迫の憔悴、蛍原の憤怒に吉本のドンは「ああ、解散したんか」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

「2人は放送前、関係各所に報告していたが、宮迫は『泣かないように、面白くします!』と意気込む一方、蛍原は『そういうことになりましたんで』と事務的な態度でした」(芸能記者)

 8月17日にABEMAとYouTubeで配信された「アメトーーク特別編 雨上がり決死隊解散報告会」。収録に臨んだ宮迫博之(51)と蛍原徹(53)、そして吉本興業の“本音”とは――。

「アメトーーク特別編」(ABEMA)より

 番組冒頭に解散宣言を口にしたのは、どこかすっきりした面持ちの蛍原だった。

「今回の絵を描いたのは、蛍原と番組プロデューサーの加地倫三氏です。雨上がりの2人が今年4月に解散を決め、吉本に通達したと聞いた加地氏は当初、地上波で放送しようと提案。しかし、スポンサーに配慮したテレ朝と、宮迫を許していない吉本が首を縦に振らず、落とし所としてABEMAになった」(同前)

 冠番組「アメトーーク!」の存続が、コンビ解散にあたっての懸案事項だった。

32年のコンビ活動に終止符

「宮迫をクビにするだけでなく、最後に出演させたのは、ファンも多い番組のイメージを良く保つため。五輪の時期を外し、テレビの改編期に合わせてこの時期になった」(テレ朝関係者)

 約2年ぶりにツーショットでの収録に臨む2人の様子は対照的だったという。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年9月2日号

文春リークス
閉じる