週刊文春 電子版

高齢者ワクチン接種でも油断できない!

《3カ月で抗体は「若者の半分」になる?》《重症化リスク注意すべきは肥満と…》《ブレークスルー感染75%は高齢者だった》《イスラエル研究3回目接種は高齢者に効く》

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 医療

 デルタ株の感染爆発により、新規感染者が全国で一日あたり2万人を超えることも日常になりつつある。

 一方、重症化リスクの高い高齢者へのワクチン接種は進捗している。内閣官房の「政府CIOポータル」によると、対象の高齢者約3549万人のうち、1回目の接種を終えた人の割合は約89%、2回目も約86%にのぼっている(8月24日時点)。「打ちたくても打てていない」高齢者は、かなり少なくなっている。

 

 ワクチン接種が、コロナによる死者の減少に大きく寄与していることも数字から見て取れる。第四波の渦中にあった4月は全国で1067人、5月は2817人だったのに対し、7月は感染増にもかかわらず409人と大幅に減少しているのだ。

 だが、ワクチンを打ったからもう大丈夫、とは言えないのがデルタ株の恐ろしさだ。死者の多くを高齢者が占めている状況は変わらない。

 東京都の場合、8月20日までの1カ月間の死者は96人。年代別で見ると、80代が29人、70代が22人と、70代以上の割合が最も多いのだ。次に50代の16人、60代の14人と続いている。

「抗体の減少」と「ブースター接種」

 高齢者への新型コロナワクチン接種が始まったのは4月。すでに接種から4カ月以上経過している人もいるはずだ。

 だが、ワクチンによって体内に生まれた抗体は、時間とともに減少していくのだ。国立病院機構・宇都宮病院の杉山公美弥副院長が解説する。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年9月2日号

文春リークス
閉じる