週刊文春 電子版

鬼龍院翔 電撃結婚の裏で捨てられた10年恋人がいた

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

〈このような決断に至った理由は多々あるのですが、自分なりに沢山悩み考え抜いて選択した決断です〉

 9月4日、自身のブログで結婚を発表したのはゴールデンボンバーのフロントマン、鬼龍院翔(37)。

 いつになく真面目なトーンで綴られたコメントの裏には、妻ではない女性の影がちらついて――。

 4年連続の紅白歌合戦出場に、日本レコード大賞特別賞受賞。赫々たる実績を誇るヴィジュアル系ロックバンド・ゴールデンボンバー、通称“金爆”。彼らが他と一線を画すのは、バンドなのに楽器を弾かない点にある。

 他の3人がギターやドラムを“エア演奏”、つまり弾いたふりをする中、作詞作曲も手がけるボーカルの鬼龍院が歌う。2004年に結成された彼らのパフォーマンスに徐々に注目が集まり、ついに12年、「女々しくて」が爆発的ヒット。カラオケランキングでは51週連続1位という新記録を樹立した。

 世に名前が知れ渡る少し前の不遇の時代、彼はある女性と出会っている。

「10年以上前、鬼龍院さんは年下の学生、A子さんと知り合いました。まだブレイクはしておらず、まったくモテなかった時期です。彼女とは2人で飲みに行くようになり、やがて男女の関係になったそうです」(テレビ局関係者)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年9月16日号

文春リークス
閉じる