週刊文春 電子版

救急「崩壊」現場ルポ 不眠不休、罵詈雑言を浴び…

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 医療

「手遅れにならないと、病院に連れて行ってもらえないんですか! こんなに苦しいのに診てくれないって、死ねってことなんですね」

 首都圏で勤務する救急隊員・Aさんは、40代の自宅療養者にこう罵声を浴びせられた。保健所の判断を2時間も待った挙句、「不搬送」と告げられた患者の目は潤んでいる。Aさんはただ、「申し訳ありません」と伝えるしかなかった――。

 全国のコロナ療養者数は20万人を超え、自宅療養者数も約13万5000人と、最多を記録した(9月1日)。

 容体が急変しても搬送出来ない事案も増加の一途。消防庁によると、現場滞在時間が30分以上で、かつ医療機関に4回以上照会した上で搬送した全国の「搬送困難事案」は、約3150件に上る(8月23日~29日)。東京都だけでその5割以上を占めており(約1700件)、冒頭の自宅療養者のように「不搬送」になったケースは、8月半ばのピーク時の1週間で約1400件を数えた。

入院できる患者には限りが

 関西圏の救急隊員・Bさんは「現場では命の選別が行われています」と明かす。

 重症度の目安となる血中酸素飽和度は、93%以下で「中等症Ⅱ」だ。しかしBさんの地域では、80%台まで下がって、ようやく搬送が決まる状態だという。

「普通の人がずっと息を止め続け『もう無理や』『限界や』と思うくらい息苦しい状態でも90%です。その限界の先にならないと、すぐに運べないんです」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年9月16日号

文春リークス
閉じる