週刊文春 電子版

第12回 移民受け入れの議論に必要な「2つの視点」

三木谷浩史「未来」

三木谷 浩史
ビジネス 社会 経済 企業

(みきたにひろし 1965年神戸市生まれ。88年に一橋大学卒業後、日本興業銀行(現・みずほ銀行)に入行。退職後、97年にエム・ディー・エム(現・楽天グループ)を設立し、楽天市場を開設。現在はEコマースと金融を柱に、通信や医療など幅広く事業を展開している。)

 東京・二子玉川にある楽天グループの本社ビル・クリムゾンハウスのオフィスには、いつも多くの外国人の社員たちが行き交っている。

 とくに近年では新規のエンジニアの採用において、楽天でも外国籍の人の採用数は右肩上がりだ。今では日本のオフィスに新しく入ってくる6~7割が外国人で、ロシアや中国から来ているエンジニアも多い。楽天モバイルやグループのCTOもアメリカ人だ。

 だから、本社ビルで新型コロナワクチンの職域接種を行う際も、彼らがスムーズに接種を済ませられるよう、表示や案内、問診表などに様々な配慮が不可欠だった。それでも、彼らが楽天という企業のプロジェクトに関心を持ち、その挑戦に参加したいという思いを持ってくれていることを嬉しく思っている。

 それにしても、彼らの働き方に接しながらあらためて実感するのは、仕事の中でのディベートの激しさだ。議論が白熱すると「ここのアーキテクチャはこうだろう」「いや、違う。こうすべきだ」とまるで喧嘩のようにエンジニア同士がやり合い出し、僕が「まあ、まあ、落ち着こうよ」と仲裁しなければならなくなる場面もよくある。

 そうしたディベートの文化は日本にないものだが、遠慮なくストレートに意見を交わし合いながら物事を進めていく彼らの姿には、僕自身が大きな刺激を受けている。

 日本人のスタッフの中には、その丁々発止の様子を見て、「ここまで言いたいことを言っていいのか」と最初は感じる者もいるという。だが、育った国や文化が異なり、生い立ちも含めて様々なバックグラウンドを持つ人たちが、仕事で意見をぶつけ合うことはとても大切だ。

 そうした関係性の中でオープンな議論が日々行われ、それぞれの意見や得意な分野の知識が入り混じっていく――それが新しい何かが生み出される土壌になっていくからである(それは楽天グループが英語を公用語としている理由にもかかわっている)。

高度人材だけじゃない

 さて、前回、日本の「未来」を考える上で、技術者不足という課題を乗り越えるためには「移民」を受け入れていくしかない、と僕は主張した。

「移民」の受け入れをどうするかについては、もちろん様々なレベルの議論がある。ただ、それを考えていく際に何より大切なのは、このテーマを「ディフェンシブな視点」と「オフェンシブな視点」の両方からきちんと見据える姿勢だろう。そして、その2つの視点は互いに分かち難く結びついている。

 まず「ディフェンシブな視点」から見る「移民」政策とは、人口減少への対応である。現在の日本では出生率を上げる政策を続けても、すぐには人口減少に歯止めはかからない。よって技術者の数を増やすためには、移民はどうしても必要となる。

 では、それならば高度な技術を持った高度人材だけを、移民として広く受け入れていけばよいかというと、そうではないと僕は思っている。なぜなら、これからの僕らが生きていくのは「ダイバーシティ自体がイノベーションをドライブする」という時代であり、それはすでに始まっているからである。これが、「オフェンシブな視点」だ。

 GAFAに代表される企業が次々に現れるアメリカを見ればよく分かる。それらの企業がビジネスのベースとしている「技術」の生まれる背景には、アメリカという国の持つダイバーシティがあるからである。

 例えば、マイクロソフトやグーグルの現在の社長はインド出身だし、あのイーロン・マスクは南アフリカ出身だ。「移民」の問題は様々な形で取り沙汰されるが、一方で本人やその二世や三世の人々が集まるアメリカの活力が、そのダイバーシティの豊かさによってもたらされていることもまた確かなのだ。

 そして、重要なのはビジネスにおける「イノベーション」だけを見ても、それは高度人材だけによって起こされているわけではない、という、考えてみれば当然の事実だ。

グーグルのサンダー・ピチャイCEOはインド出身
全ての画像を見る(1枚)

日本の歴史を振り返れば

 スティーブ・ジョブズの父親はシリア人の移民で、生まれてすぐに養子に出された。大学に進んだが、中退してヒッピーのような生活をした後、スティーブ・ウォズニアックとアップルを創業した彼は、いわゆる「高度な人材」でも「エンジニア」でもなかった。その彼が世界を変えるイノベーションを次々と起こしたことは象徴的だろう。

 アメリカやヨーロッパ、インドや中国、ベトナム……。優秀とされる「人材」もファンダメンタルワーカーも次の社会を作り出す成員であり、「最先端」の技術を持つ人々だけが「未来」を作り出していくわけではない。

「イノベーション」を起こすためには、異なる価値観が混ざり合うこと自体に意味がある。「文化」や「未来」というものが、様々なバックグラウンドを持つ人々の混然一体となった関係性の中から作られていくように。「ダイバーシティ自体がイノベーションをドライブする」とはそういうことだ。

 アメリカが様々な課題を抱えながらもイノベーションの発信地であり続けるのと同様に、日本でも多様な価値観を持つ人々が交ざりあうことを、より良い「未来」を作ることにつなげていける可能性は大いにあるはずだ。

 それは、日本の歴史を振り返ってみてもわかるだろう。漢字にしても中国から来たわけだし、様々な文化や価値観が大陸の影響を受けているわけだから。日本という国には本来、他国の文化を受け入れ、発展させていく土壌があるのだと思う。

 繰り返しになるが、「ダイバーシティ自体がイノベーションをドライブする」――それはこの国の行く末を見据える上で決して欠かせないテーマであり、「移民」にまつわる様々な課題について考える際も、忘れてはならない視点だと僕は思っている。

source : 週刊文春 2021年9月23日号

この記事の写真(1枚)

文春リークス
閉じる