週刊文春 電子版

70歳以上の10人に1人 脊柱管狭窄症「最新ガイド」 腰が痛い、歩くとしびれる、こむら返りはこれかも

「週刊文春」編集部
ニュース 医療 ヘルス

 今やなじみ深い病名となった「脊柱管狭窄症」。だがこの病気、「腰痛」では片づけられない複雑さに満ちている。特徴的な症状は?なりやすい人は? 対策は? そして手術は? 4人のエキスパートにすべてを聞いた。

腰部脊柱管の立体モデル

「最近、年のせいか、どうも腰が痛くてねえ……」

「それって“セキチュウカンナントカ”じゃないの」

 そんな掛け合いが聞こえてくるほど、今や高齢者の身近な病気として認知されている脊柱管狭窄症。

 確かに“腰の異変”はこの病気を語る上で重要なポイントだ。だが、疾患の全貌を正確に理解している人は、はたしてどれくらいいるだろうか。

(1)そもそも脊柱管狭窄症って?

 脊柱管とは、背骨の中にある筒状の空洞のこと。内側は硬膜に包まれた中枢神経と末梢神経の通り道になっており、脊柱管が狭まると、中の神経が圧迫されて様々な症状を起こす。

 それらの病態を総称して「脊柱管狭窄症」と呼ぶ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年9月23日号

文春リークス
閉じる