週刊文春 電子版

“気分は闇将軍” 安倍晋三 オフレコメモ「河野は認めない」

新聞・TVが報じない総裁選

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 政治

 総裁選レースを優位に進めてきた河野氏。9月8日昼、訪ねた先は、かつて閣僚として仕えた安倍晋三前首相(66)の事務所だった。

 菅政権の支持率が急落していた8月下旬。この頃から河野氏は、水面下で“安倍詣で”を行っていた。

「総裁選に向けた自著『日本を前に進める』を出版した経緯を直接説明していました」(安倍氏周辺)

 9月3日に菅首相が退陣を表明。出馬を決めた河野氏は冒頭のように、再び安倍氏の元を訪ねていた。

「ただ、安倍氏は自身の政権で河野氏を閣僚で起用しながら、『口ばかりでミスの責任は取らない』『危ういところがある』と批判してきました。エネルギー政策でも、原発推進派の安倍氏と脱原発派の河野氏は真逆。さらに、皇位継承問題でも考えは食い違う。安倍氏は男系維持に強い拘りを持っていますが、河野氏はかつてブログなどで女系天皇を容認する姿勢を示していました」(同前)

 だが、この日の河野氏はいつもと違った。殊勝な表情でこう説明したという。

「安全が確認された原発の再稼働は必要です。女系天皇を容認すると言ったことはありません」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年9月23日号

文春リークス
閉じる