週刊文春 電子版

石破茂 元側近が語る「なぜ君は総理大臣になれないのか」

新聞・TVが報じない総裁選

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 政治

 曖昧な態度を取り続けた末、総裁選不出馬を決めた石破茂元幹事長(64)。なぜ君は総理になれないのか――元側近たちが語った。

 過去3回、石破氏の推薦人に名を連ねたものの、今回は岸田氏支持を表明した中谷元元防衛相が嘆く。

「岸田さんは、菅総理の退陣表明前に挑戦を宣言した。迫力と気概がある。一方で石破さんは総理が退陣を決めた後ですら、意思表示をしなかった。総理を目指すなら、やるならやる、という姿勢を見せるべき。そもそも派閥の足元を固めないと戦いにならないのでは」

 竹下派ながら石破氏を支持してきた三原朝彦衆院議員も、煮え切らない石破氏に「だからダメなんだ、もう岸田を支持しろ!」と怒りをぶつけていたという。

「振り返れば、石破氏が最も総理の椅子に近付いたのは、12年の総裁選でした。安倍氏に逆転されたものの、1回目の投票では首位に立った。翌13年には、石破氏を支持する議員らが無派閥連絡会を結成。15年の総裁選で安倍氏の無投票再選を許した後、石破氏も派閥『水月会』を立ち上げたのです」(元側近議員)

 だが、元水月会のメンバー、石崎徹衆院議員は言う。

「15年の総裁選に出ていれば、石破先生は総理になっていたと思います。皆、戦闘意欲満々でしたが、ご本人がはっきりせず出馬しなかった。そうした石破先生のタイミングの見極め方を見て、多くの人が派閥に加わらなかったんです」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年9月23日号

文春リークス
閉じる