週刊文春 電子版

組織委“夜の乱倫ピック”写真 借り上げホテルにデリヘル、銀座でカラオケ

「検証」東京五輪 

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

 じっとりと蒸し暑い9月の深夜、東京・晴海の五輪選手村は静まり返っていた。解体作業が続くフェンスの脇には、煌々と明かりが灯る一軒のホテル。五輪組織委員会の関係者らが最後の夜を過ごす宿舎前の路肩へ、若い女性を乗せた軽自動車が滑り込んできたのは日付が変わる間際のことで――。

 9月5日、パラリンピック閉会式を前に会見に臨んだ組織委の橋本聖子会長は、コロナ禍での開催に「やってよかったと思ってもらうには、組織委員会の大会後の振る舞いも重要だと考えている」と述べた。

組織委の橋本聖子会長
全ての画像を見る(4枚)

 ところが――。

 選手村入り口近くにある「ホテル マリナーズコート東京」。組織委はこのホテルを今年7月1日から9月10日まで借り上げていた。

「オリパラの期間中、ここでは選手の記者会見が開かれていました。出入りできるのは組織委の広報局や警備局の一部スタッフのみ。彼らは約3カ月間、ホテルに泊まり込み、公式SNSで発信する会見や試合などの動画の編集をしていた。セキュリティゲートが設置され、部外者の立ち入りはできないように管理は厳重でした」(ホテル関係者)

 だが、組織委関係者がため息まじりに語る。

「高いセキュリティのお陰でホテル内は治外法権状態。中の人は緊急事態宣言を気にする様子もなかった」

 パラ閉会式が終了した5日午後10時半過ぎ。ホテル3階にある一室には「ストロングゼロ」などの缶チューハイが並べられた。やがて10人以上の男女が外から続々と集結。彼らは本来、ホテルに入る権限がない組織委関係者だ。ホテル内にいた広報局スタッフも合流し、20人ほどで“打ち上げ”がスタート。ロビーに宅配ピザが届くと、マスクを外してつまみ始める。

飲み会の翌朝、選手の会見に

 見逃せないのは、そこに2人の広報局幹部の姿があったことだ。

「この時期に大勢集まって飲酒できるのは、幹部が率先して参加していたからです。疑問を抱いても声を上げられない」(大会関係者)

 幹部の一人は、電通から組織委へ出向している高原正訓氏。広報局企画制作部のクリエイティブディレクターとして動画撮影から編集までこなし、公式サイトに載せるメダリストのインタビューなどを制作した。

「40代後半で、電通時代にはオリパラの開閉会式の演出統括を辞任した佐々木宏氏の右腕として、ソフトバンクのCMなどを制作していました」(電通関係者)

 もう一人は世田谷区から出向している勅使河原晃氏。広報局デジタルメディア課の係長で、五輪公式SNSを統括する責任者である。

「勅使河原さんは30代後半。高原さんと一緒にメディアに出演し、公式SNSをPRするなど、広報局の“顔”と言える存在です」(広報局関係者)

 本来は飲み会を止める立場の2人だが、

「彼らの酒の買い出しのため、スタッフが奔走することも。組織委スタッフは五輪ロゴの入った制服が支給されていますが、近くのコンビニに酒を買いに行く際は私服に着替えるよう命じられていました」(同前)

勅使河原氏(左)、高原氏(右・東海ラジオHPより)

 ホテルでの打ち上げは午前0時過ぎに終了。だが、彼らの宴はまだ続く。ホテルから千鳥足の勅使河原氏が姿を現し、3人の関係者とタクシーに乗り込む。向かった先は銀座のカラオケ店「パセラ」。2台のタクシーも後から到着し、総勢9人で店内へ。ビールの入ったピッチャーが部屋へと運び込まれていった。

 前出の大会関係者は呆れ顔で語る。

「勅使河原さんは部屋でずっと眠り込んでいたそうですが、突然起き上がって、『大会中5人とキスした!』などと叫んでいたそうです。完全な酔っ払いですね」

“自粛破り”の宴は午前4時過ぎにようやく終わった。

「カラオケも問題ですが、もっとまずいのは高原さんら数名が飲み会の翌朝、パラリンピアンの会見に平然と出席していたことです。感染リスクをどう考えているのか」と憤るのは前出の大会関係者だ。

「高原さんはカラオケを断りましたが、勅使河原さんたちに『週刊誌の記者に気を付けろよ』と送り出すなど黙認していた」(同前)

 そして組織委がホテルを撤収する前日の9日、夜になると様々な来訪者が。

 午後8時頃からウーバーイーツが続々と到着する。これを受け取っていた男性が、今度は私服姿でホテルから出てくると、大通りのコンビニへ全力疾走。酒を割る炭酸水などで膨れたビニール袋を手に帰ってきた。

買い出しのため外出するスタッフ

「彼は高原氏と仕事をしているメンバーの一人。高原氏は酒を飲むだけで買い出しは後輩に任せるんです」(前出・組織委関係者)

 しかし、届けられたのは飲食物だけではなかった。

 冒頭の場面に戻ろう。午後11時半頃、ホテル脇に停まった軽自動車から、ホットパンツにヒール姿の女性が現れ、運転していた男性とホテル内に入っていった。約45分後の0時過ぎ、外に出てきた女性は車に乗り込んで走り去った。

 実は女性は派遣型風俗店、いわゆる“デリヘル”の従業員だったのだ。

借り上げホテルに入るデリヘル従業員

「大会関係者の行動ルールを定めたプレーブックには、『他者との接触を最小限に』との記載がある。加えてホテルの借り上げ費用など大会経費の一部は税金から負担されています」(同前)

「特にお答えすることはない」

 組織委の“乱倫ぶり”を象徴する出来事は他にもある。小誌は「ゴシップジャパンvol.2021」というスポーツ新聞を模した文書を入手。「人の心を乱す炎 衝撃スクープ 聖火リレーが性化リレーへ!?」という見出しが大きく躍り、「発覚した早朝ラン改め早朝の乱」と、聖火リレー担当者の男女を隠し撮りしたような写真を掲載。記事内では既婚者である2人について「いけない関係」と書き、複数の組織委メンバーが不倫関係を匂わせる証言をしている。ご丁寧に大会スポンサーであるコカ・コーラ社の広告まで載せていた。

 別の組織委関係者は「作成したのは高原さんです。8月頃から組織委内で回覧されています」と明かす。

 高原氏を電話で直撃した。

――ゴシップジャパンという文書をお作りになった?

「え? 知らないですね」

――5日に外部スタッフを招いて飲み会をしていた。

「わかんないです。僕、閉会式の事後撮影とかでわりかし深夜に戻ってきたので」

――カラオケに一部メンバーが行った際、「記者に気をつけろ」と言っていた。

「一応、何かそういう話は広報局全体に来てはいましたけど、実際行ったかどうかは知らないですね(笑)」

 一方の勅使河原氏にも電話で話を聞いた。

――選手と接する機会のあるメンバーで飲み会をすることについてどう思うか。

「この手の取材っていうのは、広報局の広報の方を通してお答えしてるので」

――5日深夜にカラオケへ行った?

「私の方からは、ごめんなさい。特にお答えすることはないです」

 組織委に一連の問題について問い合わせると、戦略広報課が「感染症対策ルールの逸脱や、職場の規律を乱す行為については、個別に調査し厳正に対処いたします」と回答。なお、「ゴシップジャパン」については「職場で真面目な職員を揶揄する行為は大変遺憾と考えています」と答えた。

 コロナ禍での五輪、破ってよかったのは記録だけだ。

source : 週刊文春 2021年9月23日号

この記事の写真(4枚)

文春リークス
閉じる