週刊文春 電子版

野々村真(57)直撃「私はなぜ菅首相を批判したのか」

「週刊文春」編集部
エンタメ 社会 芸能 テレビ・ラジオ

「もっと早く辞めていただきたかった」

 菅義偉首相の総裁選不出馬を聞き、『バイキングMORE』(フジテレビ系)でこう言ったのは立憲民主党の議員……ではなく、タレントの野々村真(57)だった。

 野々村は7月30日にコロナ感染が判明し、自宅療養していたが重症化したため入院。一時はICUに運ばれた。『バイキングMORE』関係者が言う。

「入院中、病院で撮った動画を送ってくれましたが、無精髭が生え、痩せこけていて、『死んでしまうのでは』と恐怖を感じました。退院が決まった時は、本当にホッとしました」

 5キロ痩せた彼がスタジオに戻れたのは9月13日。制作陣は花束を用意し、MCの坂上忍は、「まこちゃんがいない間、スタジオが円滑に回って」と、ジョークで温かく出迎えたのだ。

 

 野々村は今年、芸能活動40周年。いいとも青年隊でブレイクし、バラエティやドラマに引っ張りだこに。

「“おバカキャラ”の走りでした。売れた後も所属事務所のスターダストをもじり、『僕はスター組ではなく、ダスト組です』と自虐ネタを言うなど、低姿勢な態度は変わりません」(芸能記者)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年9月30日号

文春リークス
閉じる