週刊文春 電子版

野田聖子 元暴力団員の夫が小誌に「出版差し止め」

「次の総理」ここが危ない!

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 政治

〈早急に東京地方裁判所に本件雑誌の出版禁止の仮処分を申し立てる予定です〉

 9月8日昼1時32分、小誌編集部に届いた一通の「通知書」。送り主は、次の“ファーストジェントルマン”候補だった。

 推薦人20人を初めて確保し、総裁選に挑む野田聖子幹事長代行(61)。推薦人の一人、元夫の鶴保庸介参院議員は「前々から、ずーっと頼まれていた」と明かす。彼女が出馬に際して掲げたのは「透明な政治の確立」。安倍昭恵夫人の関与が指摘され、公文書の改ざんも招いた森友問題も再調査を明言した。

推薦人20人中8人が二階派

 だが、翻って自身の夫・文信氏の過去を巡る問題に関しては、どうなのか。

 小誌は18年8月2日号で、文信氏が会津小鉄会傘下の「昌山組」に所属する暴力団員だったことなどを報じた。文信氏は事実無根として提訴したが、東京地裁は今年3月、暴力団員だった点について真実相当性があるとする判決を下している(文信氏は控訴、小誌も一部を不服として控訴)。

 今回、野田氏の総裁選出馬宣言を受け、小誌は9月9日発売号で改めて決定的な証拠を報道。それが、警察庁の文書〈暴力団個人ファイル〉だ。文信氏について、こう明記されていた。

〈元会津小鉄会昌山組幹事〉

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年9月30日号

文春リークス
閉じる