週刊文春 電子版

高市早苗「最側近は杉田水脈」と「新ネオナチ写真」 経済・防衛政策は「夢物語」

「次の総理」ここが危ない!

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 政治

 総裁選告示日の9月17日、テレビ局を行脚する候補者たち。高市早苗前総務相(60)の傍らに、文字通り“最側近”として寄り添っていたのは――。

サナエノミクスを掲げる

 9月18日の毎日新聞世論調査では、岸田文雄前政調会長を追い抜き、河野氏に次ぐ2位だった高市氏。躍進の陰には、安倍晋三前首相の猛チャージがある。

「安倍氏は今、『岸田を抜く』と息巻いている。特に3回生以下の議員には『選挙が厳しいのはわかるけど、保守を守るために高市さんを頼むよ』と何度も電話し、“圧”をかけています」(政治部デスク)

 高市氏自身は9月12日、フジテレビの報道番組に出演した際、「私が右翼扱いされてるような気がして仕方ない」と語ったが……。

「“右寄り”なのは、間違いない。何しろ、“最側近”が杉田水脈衆院議員ですから」(自民党関係者)

 杉田氏と言えば、18年7月、月刊誌「新潮45」に「LGBTは生産性がない」などと寄稿。20年9月には、女性への性暴力を巡って「女性はいくらでもウソをつける」と発言するなど物議を醸してきた。

TV行脚に同行する杉田氏

「そんな杉田氏は高市陣営の中心人物として、選対本部長の古屋圭司元国家公安委員長らと会合を重ねてきました。SNSでも高市氏との2ショットを上げています。テレビ出演への同行は慣例上、1人だけと決められていますが、河野氏は同じ神奈川の山本朋広前防衛副大臣、岸田氏は木原誠二元外務副大臣、野田氏は三原じゅん子厚労副大臣と各自、最側近の副大臣経験者を指名している。一方で、高市氏に同行しているのは、要職に就いたことのない杉田氏でした」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年9月30日号

文春リークス
閉じる