週刊文春 電子版

岸田総理で自民大分裂 河野VS.安倍 全暗闘

《安倍河野支援議員に「誰のおかげで…」圧力電話》《安倍に“無視”された菅「世論をひっくり返していいのか」》《河井買収事件のフェイクニュース業者が高市陣営で…》《「1ページも見せない」“疑惑の岸田ノート” 》

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 政治

 4人の候補者が立ち、宰相の椅子を争った総裁選。「河野を総理にしてはいけない」。水面下で暗躍したのは、復権を目論む安倍前首相だった。新総理の誕生で渦巻く怨念、深まる亀裂。これから始まるのは、自民党の――。

 総裁選が告示される前の9月中旬、清和会所属ながら、河野太郎行政改革相を支持する意向を見せていた柴山昌彦前文科相に一本の電話がかかってきた。

「河野には石破がつく。大丈夫なのか? この先、選挙もあるんだ」

 早口だった声の主は、安倍晋三前首相。ちょうどこの頃、安倍氏の“天敵”とも言える石破茂元幹事長が総裁選に出馬せず、河野氏を支持する方向と伝えられていた。さらに小泉進次郎環境相も加わり、「最大派閥が河野太郎をダメだと言っている」と清和会批判を繰り広げていた時期だ。

総裁選をリードしてきた河野氏

 だが安倍氏の強い後押しで、清和会では高市早苗前総務相の支持者が急速に増えていた。そこに反旗を翻そうとしていたのが、原発に批判的な柴山氏である。

 自民党幹部が明かす。

「安倍氏は幹事長時代、04年の埼玉8区補選で党史上初の公募を実施しました。これに応じたのが、柴山氏です。公選法違反で逮捕された自民党議員の辞職に伴う補選でしたが、安倍氏が全面支援したことで柴山氏は初陣で当選しました。にもかかわらず、今回、河野氏を支持する、と。安倍氏は『誰のおかげで議員になれたのか』『次の衆院選では応援しないぞ』と仄めかしたというわけです」

“圧力”が効いたのか、河野氏の推薦人に名を連ねると見られていた柴山氏だったが、告示日に発表された名簿にその名前はなかった。

「河野だけは総理にしてはいけない」

 そう周辺に漏らしてきた安倍氏。ここから、なりふり構わぬ“河野潰し”を展開していく。今回の総裁選は事実上、“河野かそれ以外か”を争うものだった。その結果、自民党に大きな亀裂を生むことになった。

安倍氏が裏で策動した

 9月3日に菅義偉首相が退陣を表明し、構図が一変した総裁選。安倍氏は岸田文雄前政調会長を推す方向だったが、その直後には高市氏支持に舵を切った。

安倍氏を頼みにした岸田氏

「河野氏vs.岸田氏の一騎打ちでは勝てない、と判断したのです。高市氏も含めた三つ巴にすることで、一発で勝負が決まる展開を防ごうとした。高市氏が急浮上すればそれも良し、そうでなくても、決選投票で高市票を上積みさせて岸田首相を実現させる戦略に出ました。それほど安倍氏は、女系天皇容認や脱原発を掲げる河野氏には拒否反応が強い。菅首相の後押しで外相や防衛相にも起用しましたが、『パフォーマンスばかり』と切り捨てていました」(安倍氏周辺)

高市氏とトランプ氏の支持層が

 自らの力を見せつけるかのように、モーレツな電話作戦を開始した安倍氏。清和会だけでなく、無派閥議員らにも自ら携帯を鳴らす。

 無派閥議員が証言する。

「知らない番号から『安倍晋三です。高市さんを一緒に頑張りましょう』と電話があった。突然、フルネームを名乗ったので、ドッキリかと思ったほどです」

安倍氏が支持した高市氏

 その一方で、冒頭のように、高市氏を支持しない柴山氏のような議員には“圧力”をかけてきた。

 柴山事務所に尋ねると、「安倍先生に『河野氏を支持したい』と伝えると『わかった』と。恫喝めいた電話やお叱りを受けたことはありません。ただ、小泉先生や石破先生が陣営にいることもあり、安倍先生からは『大丈夫か』とお気遣いの電話を頂きました」

 さらに安倍氏は、ネット世論も煽っていく。9月19日にはこうツイートをしたのだ。

〈昨日の討論会に於ける、高市早苗候補の冷静で的確な応答振りを賞賛する声が多数寄せられています。彼女の外交安全保障に於ける見識を示されたら困るのか、彼女をスルーする見識無き質問者まで出る始末(笑)〉

 この投稿には、高市氏との「2連ポスター」の画像も添えられていた。

「それまで、安倍氏は地元では菅首相との2連ポスターを張っていましたが、総裁選の告示直後から一斉に高市氏とのポスターに張り替えた。河野氏を支持する首相との訣別を、わざわざツイッターでアピールしたのです」(清和会関係者)

 ただ、もともとネットと言えば、ツイッターのフォロワー数が240万を超えるなど河野氏の“独壇場”だったはず。ところが総裁選に関する投稿を分析すると、高市氏支持者の凄まじい“攻勢”が窺える。

 SNSのビッグデータ分析に詳しい東京大学大学院・鳥海不二夫教授の指摘。

「9月1日から22日までの〈高市〉というワードが含まれる投稿は約500万件でした。一方の〈河野〉は約400万件。僅差に見えますが、〈河野〉投稿のほとんどは高市氏を支持するツイートを行っていた人たちが河野氏を批判する内容でした。河野氏が出馬の意向を固めた9月3日頃から批判的な投稿が急激に増加し、出馬会見を開いた10日頃からさらに保守系アカウントからの批判的投稿が増えた。高市氏を支持するツイートの多くがいわゆる“ネトウヨ(ネット右翼)”層の一部によって拡散されていったようです」

〈架空の人物を名乗り……〉

 加えて、高市氏の支持者は、“あの人物”の支持者とも重なっていた。

「高市氏を支持するアカウントの42%が今年1月にトランプ前大統領の支持者が米議会を占拠した事件の際、トランプ氏を支持するリツイートを行ったアカウントでした。高市氏を支持するアカウントは、『河野氏が過去に毛沢東バッジを着用していた』というフェイクニュースも積極的に拡散していました」(同前)

 中でも目立ったのが、河野氏と中国との関係を批判する投稿だ。父・洋平氏が初代代表で、現在は弟・二郎氏が社長を務める一族企業「日本端子」を巡る疑惑である。小誌スクープ速報で報じたように、河野氏が同社から少なくとも3000万円の献金を受け取っているのは事実。他方で、日本端子は北京にある合弁会社「北京日端電子」など3社の中国系関連企業を傘下に置く。

 だが、ネットの声だけではない。安倍氏の側近たちも真顔で小誌に語るのだ。

「ネットで書かれているように日本端子は危ない。この件は、安倍さんも『河野は中国におもねるから』と批判的に見ているから」

 さらに――。

「高市氏の公式HPに掲載された『デジタル為書』を運営しているのは、“いわく付き”の会社です」

 そう明かすのは、自民党関係者だ。

「これは、HP上で高市氏への応援メッセージを書き込むと『為書』としてSNS上で拡散する仕組み。高市氏人気を印象付ける効果があります」(同前)

高市氏のHPに「デジタル為書」の文字

 デジタル為書を管理・運営しているのが、横浜市に本社を置くコンサルティング会社「A社」である。

 A社の代表は元自民党議員秘書。収支報告書を見ると、清和会議員との関係の深さが窺える。例えば、下村博文元文科相は64万8000円(17年)、中山泰秀防衛副大臣は108万円(16年)、大西英男国交副大臣は183万6000円(16年、17年の合計)を、いずれも調査費名目でA社に支出しているのだ。

下村氏の収支報告書にA社への支出が

 このA社は一体、どんな企業なのか。

「実は19年7月の参院選で、河井克行元法相の依頼を受け、妻・案里氏の対抗馬だった溝手顕正氏を誹謗中傷するブログを立ち上げた会社なのです。河井氏は18年、A社に計64万8000円を調査料として支出していました。この参院選では案里氏側に1億5000万円が投じられましたが、当時の総裁は安倍氏。安倍氏自らが決裁した巨額の資金提供が買収のキッカケとなり、後に河井氏夫妻は公選法違反の罪で逮捕されるのです」(司法関係者)

有罪判決を受けた河井克行氏、案里氏

 中国新聞電子版によれば、昨年10月の案里氏の公判では、以下のようなA社代表の供述調書が読み上げられた。

〈克行先生から依頼されて、(買収リストなどが記された)パソコンデータを復元不可能な状態に消去しました〉

〈架空の人物を名乗り、ブログを書き込み、溝手先生や県連が案里さんをいじめるようなことをしていると、克行先生に確認して記事を投稿しました。私の独断で投稿しているのではなく、具体的な内容は克行先生に指示されていました〉

 司法の場で、河井氏の証拠隠滅を手助けし、“フェイクニュース”を流していたことを認めたのだ。

「このA社を、高市氏は総裁選で活用していたというわけです」(同前)

 高市氏に見解を求めたところ、次のように回答した。

「ネット戦略は選対でやっておりますので、詳細は分かりませんが、事業者から提案があったのだろうと思います。事業者の過去の経緯については全く存じ上げません」

 だが、高市選対の広報担当・長尾敬副幹事長に尋ねると、こう答える。

「デジタル為書は高市事務所がやっていて、選対ではない」

 A社にも確認を求めたが、期日までに回答は無かった。

 こうした電話作戦やネット戦略に加え、安倍氏の支援団体による“地上戦”も展開されてきた。

〈安倍元総理も支援/「総裁選を勝ち抜こう!」〉

 告示日前日の9月16日、高市氏支援を打ち出す通知文を出したのは、「神道政治連盟(神政連)」。神政連は、神社本庁を母体として全国の神社の政治活動を支える“総本山”だ。安倍氏は、神政連の理念に賛同する議連「神政連国会議員懇談会」の会長を務める。

 しかし、ある地方の神職はこう嘆く。

「総裁選で特定候補の支援依頼は異例のこと。各地域の神社を支えるのは近隣住民の氏子で、自民党から共産党まで支持政党は幅広い。自民党の一候補を支援せよといっても、理解を得られるはずがありません」

「自民党が見放されてしまう」

 神政連のトップ、打田文博会長に話を聞いた。

「(特定の候補者を推すのは)フルスペックの総裁選もなかったですし、記憶にありません。ただ、安倍さんの考えはよく分かります。衆院選もありますから、ウチの政策を理解してくれる人を支援しますよね」

 まさに、ありとあらゆる手で“河野潰し”に動く安倍氏とその支持者たち。総裁選終盤、安倍氏はこう上機嫌に語っていたという。

「高市さんの本がすごく売れている。河野の本はそんなに売れてない。結局、(決選投票で)逆転するよ」

“河野潰し”への見解を尋ねるべく、9月26日、安倍氏の携帯を鳴らすと、本人から折り返しがあった。

「あ、すいません。安倍晋三です」

 議員への電話のようにフルネームを名乗る安倍氏。

――週刊文春です。総裁選の取材で……。

「(遮って)すいません、ごめんなさい。取材は受けれないんで。失礼します」

 一方の河野氏。出馬表明以降、着々と“河野政権”の準備を進めていた。

「新内閣発足時には全閣僚の会見が行われますが、深夜に及ぶことも珍しくない。河野氏は水面下で、記者クラブに『深夜の会見をやめるように』と要請してきたのです」(官邸担当記者)

 河野陣営でも行われていたのが、“電話作戦”。二階派から河野氏の推薦人となった岡下昌平氏が明かす。

「二階(俊博)幹事長からも『大いに頑張れ』と言われました。武田(良太)大臣の助言のもと、河野さんを一生懸命応援する“武田組”の一員として、自民党の衆院選調査で当落線上にいる清和会や平成研の議員に電話をかけていった。『国民の支持とかけ離れた結果になれば、次の選挙は厳しくなる』と言うと、皆よく分かってくれます」

 ただ、圧倒的な世論の支持とは裏腹に、安倍氏らの“攻撃”に押され、国会議員票は伸び悩む。河野陣営の選対事務局長、井上信治科学技術相は9月26日、小誌にこう語っていた。

「党員や国民の声をしっかりと聞かなくてはなりません。派閥の論理や数の力で総裁が決まると、自民党が見放されてしまう。総選挙を目前に控えているわけですから、そういう選択はするべきではない。議員個人の良識が問われます」

――日本端子と中国は?

「直接的な違法の疑いがあれば説明すべきだと思いますが、ネットの攻撃材料みたいなもので、言われなき批判だと思います。中傷合戦は避けた方がいい」

 安倍氏やその支持者らが主導したと見られるやり方に高まっていく不満。石破氏も9月26日、小誌の取材にこう答えていた。

「ネットを見れば(河野氏に批判的な投稿が)山ほど出てくる。高市陣営にはどこか大手広告代理店が付いてるとしか思えないくらい。半ば誹謗中傷に近いよね」

――安倍氏の圧力について。

「次の選挙はどうなるのか、という話。『安倍さんに頼まれたので高市早苗に投票しました』と言って、地元の有権者はどう思うのか」

――進次郎氏もついたが。

「小泉さんと一緒に1回やったよね。(地方議員に)電話して『いま横に小泉さんいるから(電話を)代わるね』と。逆に小泉さんが電話して『石破さん横にいるから代わるね』と。電話を受けた方は驚くわなぁ」

取材に応じた石破氏

 民意を武器にする河野陣営。河野氏を旗頭に、石破氏、進次郎氏。この“人気者軍団”を裏でコントロールしてきた人物がいる。

河野陣営には人気者3人が揃っていた

 他ならぬ菅首相だ。

「麻生派に遠慮して引き気味だった進次郎氏に『もっと前に出ろ』と指示したのが、首相でした。進次郎氏も『自分は野良犬』と周囲に漏らすようになり、清和会批判などを強めていったのです」(首相周辺)

清和会を批判した進次郎氏

 自らが配下に置く無派閥議員にも、強烈な締め付けを行っているという。

「例えば、菅グループの和田政宗参院議員は党内随一のタカ派。高市氏と思想が重なるはずですが、自身のユーチューブで高市氏に加え、河野氏を『確固たる保守』と評さざるを得なかった。支持層から批判を浴びていました」(同前)

 さらに、日米豪印首脳会談で渡米する直前には安倍氏にも電話をかけるなどして、人事カードも切った。

「河野政権になったら(清和会の)萩生田(光一)を幹事長にしますから」

 だが、「河野首相」だけは認めない安倍氏は、菅首相の誘い文句を“無視”したという。菅首相が安倍氏と同じように、なりふり構わぬ総裁選を展開するのには理由がある。“岸田潰し”であり、“高市潰し”だ。

「岸田で衆院選に勝てるのか。高市だってダメだ。(河野は)これだけ世論の支持があるのに、ひっくり返していいのか」

 などと、周囲にこぼしてきた。なぜ、ここまで彼らに否定的なのか。

安倍氏と菅氏の亀裂が決定的に

1年余りで退陣する菅首相

「菅首相は官房長官時代から『決められない岸田に国は任せられない』と本気で批判してきました。高市氏は総務相時代、かんぽ生命の不正販売問題などで首相と近い総務官僚を相次いで更迭してきた。深い溝があるのです。ところが、安倍氏はまず高市氏、それがダメなら岸田氏という姿勢を示してきた。さらに菅首相には『安倍氏に引導を渡された』という思いも強い。今回の総裁選では、そうした怨念が積み重なっているのです」(前出・首相周辺)

 だが、“河野潰し”が行われた総裁選で、漁夫の利を得るのは、岸田氏だ。血縁関係にある最側近・宮沢洋一元経産相が明かす。

「『菅さんが総裁選に出馬しないこともあり得る』と考えていましたから。ただ、奥さんからの情報によれば、総裁選では大好きなお酒を控えていたそうです。かなりくたびれていました」

 それでも、これまで目立ったスキャンダルはなかった岸田氏。が、総裁選中にある“疑惑”が持ち上がっていた。出馬会見で披露した「岸田ノート」だ。

悪口も書いてあるという岸田ノート

「有権者の意見を書き溜めたもので、20冊以上あるそうです。ところが『1ページだけでも』と頼んでも絶対に中身は見せてくれない。悪口も書いてあるとのことで、昨年禅譲してくれなかった安倍氏への不満や、菅首相の悪口が書いてあるのか……。しかも披露するのはいつも同じノートの表紙だけ。実は20冊もなくて、安倍氏が第1次政権の退陣後に付けていた『反省ノート』を真似しただけではないか、とも囁かれています」(政治部デスク)

 複数の宏池会議員も小誌の取材に「1ページも見せてくれない」と証言する。

 岸田氏に確認したところ、

「約10年間書き続けたノートが20冊以上残っています。お見せすることはできませんが、政治活動において大事なノートです」

――では、安倍氏や菅氏への不満も書かれている?

「様々なことを書き留めてきましたが、その様な事実はございません」

 4人の候補者が宰相の椅子を争った総裁選。9月29日、新総裁が誕生したが、自民党幹部は言う。

「露骨な“河野潰し”に動いた安倍氏と、逆に“岸田潰し”に動いた菅首相との亀裂は決定的なものになりました。安倍氏は『岸田でも高市でも、これから先は清和会が全部やればいいんだ』などと口にし、盟友の麻生太郎副総理もそこに付いている。かたや菅首相側には、河野氏、石破氏、進次郎氏という国民の人気者たちが勢揃いしています」

安倍氏の盟友・麻生氏

 安倍政権では事実上、石破氏しか首相に盾突く勢力は存在しなかった。だが今回の総裁選で生じたのは、非主流派が強い力を持つという全く異なる権力構図だ。

 当然、新総理は自らの描く政策、人事を実行できる状況にはならない。秋の衆院選を乗り切ったとしても、党内の大分裂という禍根を抱えたまま、来年の参院選に向かうことになる。

source : 週刊文春 2021年10月7日号

文春リークス
閉じる