週刊文春 電子版

岸田総理で自民大分裂 河野VS.安倍 全暗闘

《安倍河野支援議員に「誰のおかげで…」圧力電話》《安倍に“無視”された菅「世論をひっくり返していいのか」》《河井買収事件のフェイクニュース業者が高市陣営で…》《「1ページも見せない」“疑惑の岸田ノート” 》

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 政治

 4人の候補者が立ち、宰相の椅子を争った総裁選。「河野を総理にしてはいけない」。水面下で暗躍したのは、復権を目論む安倍前首相だった。新総理の誕生で渦巻く怨念、深まる亀裂。これから始まるのは、自民党の――。

 総裁選が告示される前の9月中旬、清和会所属ながら、河野太郎行政改革相を支持する意向を見せていた柴山昌彦前文科相に一本の電話がかかってきた。

「河野には石破がつく。大丈夫なのか? この先、選挙もあるんだ」

 早口だった声の主は、安倍晋三前首相。ちょうどこの頃、安倍氏の“天敵”とも言える石破茂元幹事長が総裁選に出馬せず、河野氏を支持する方向と伝えられていた。さらに小泉進次郎環境相も加わり、「最大派閥が河野太郎をダメだと言っている」と清和会批判を繰り広げていた時期だ。

総裁選をリードしてきた河野氏

 だが安倍氏の強い後押しで、清和会では高市早苗前総務相の支持者が急速に増えていた。そこに反旗を翻そうとしていたのが、原発に批判的な柴山氏である。

 自民党幹部が明かす。

「安倍氏は幹事長時代、04年の埼玉8区補選で党史上初の公募を実施しました。これに応じたのが、柴山氏です。公選法違反で逮捕された自民党議員の辞職に伴う補選でしたが、安倍氏が全面支援したことで柴山氏は初陣で当選しました。にもかかわらず、今回、河野氏を支持する、と。安倍氏は『誰のおかげで議員になれたのか』『次の衆院選では応援しないぞ』と仄めかしたというわけです」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年10月7日号

文春リークス
閉じる