週刊文春 電子版

ガソリンに医療品、七面鳥も イギリスが払う〝離脱の代償〟

THIS WEEK「国際」

近藤 奈香
ニュース 社会 政治 国際

 イギリスのガソリンスタンド(GS)に連日、給油待ちの車が殺到している。同国には約8300軒のGSがあるが、9月30日時点で約2000軒超のGSでガソリンが底をついていた。

 行列に車が割り込み、ドライバー同士が殴り合う事件も発生。GSが閉鎖中であることに気付かず、100台の車が並んだことも。

 グラント・シャップス運輸相は国民に買い占めを慎むよう訴えているが、混乱は収まっていない。10月4日には英国陸軍の兵士が、ガソリンの輸送作業の支援を行う事態にまで発展した。

 突如起こった英国の“石油ショック”。最大の原因は、ガソリンを輸送するドライバー不足だ。

「EU各国のドライバー業界は、長時間労働で薄給のため慢性的な人手不足に悩まされてきました。さらに英国はボリス・ジョンソン首相が推進してきたブレグジット(EU離脱)で、移民の受け入れを減らすべく、運転手の大半を占める単純労働者へのビザも厳格化したのです」(在英記者)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年10月14日号

文春リークス
閉じる