週刊文春 電子版

認知症「最新研究」でわかった 歩幅を広げると予防できる! 横断歩道の白線が目安

神保 順紀
ニュース 社会 医療 ヘルス

(じんぼ・なおき 1970年生まれ、中央大卒。2004~2020年「週刊文春」記者。14年頃から主に医療・健康に関する記事を取材執筆。メイン執筆者となった文春ムック「認知症全部わかる!」が発売中。)

「足腰が丈夫で、しっかり歩ける人ほど長生きする」

 昔からよく言われてきたことだが、近年では、「歩き方」が認知機能にも関係していることがわかっている。特に「歩幅」だ。

「歩幅が狭い人」が、そうでない人に比べて認知症の発症リスクが高いことは以前から指摘されていた。

 だが、それだけではない。

「がんばって歩幅を広げて歩くことが、認知機能の低下予防になる」

 ということが、新たにわかってきたのだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年10月14日号

文春リークス
閉じる