週刊文春 電子版

眞子さま「自由も人権もない」“苦悩と強情”29年

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会

「平成」の世になって3年後に、当時の天皇の初孫として生を享けた眞子さま。“自由な次男坊”の家の長女の立場は、14歳の時に一変した。次代の天皇の姉への注目、不自由な生活の苦悩、そして小室さんと出会い……

「残念の一言です。宮家の結婚は、『当人同士が良ければそれでいい』というものでは決して無い。国民の祝福もないまま、眞子さまは本当に、幸せがつかめるのか……」

 眞子さまが学習院初等科時代に初等科長を務めていた斉藤進氏は、小誌の取材にこう嘆息した。

 10月1日、宮内庁から正式発表された、秋篠宮家の長女・眞子さま(29)と小室圭さん(30)のご結婚。お二人は10月26日に婚姻届を提出されるが、一時金は支給されず、結婚関連の儀式も行われないことが改めて公表された。

 
 

 だが、最も国民を驚かせたのは、眞子さまのご病気が明かされたことだった。

「会見に臨んだ加地隆治皇嗣職大夫は、眞子さまが『複雑性PTSD』と診断されたと述べたのです。眞子さまは中学生のころから誹謗中傷と感じられる情報を目になさり、それが精神的な負担になっていたとも明かしました。大夫としての受け止めを訊かれて、加地氏が涙で声を詰まらせる場面もありました」(宮内庁担当記者)

級友からは「まこしー」

 今回明かされた「複雑性PTSD」とはどのような病気なのか。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年10月14日号

文春リークス
閉じる