週刊文春 電子版

岸田政権を壊す男 甘利明幹事長のウソ【UR口利き音声公開】

「寝耳に水」? 口利き資料熟読して50万円を懐に 「大臣もこの案件は知っている」秘書の圧力音声

甚野 博則

PICKUP!

ニュース 社会 政治

「全く事情を知らない。寝耳に水だ」。小誌が報じた金銭授受問題について、そう口にしたのは、岸田新政権の幹事長・甘利明氏。しかし、その言葉は本当なのか。事件をスクープした記者だから書ける「甘利幹事長のウソ」。

 

(甚野博則(じんの・ひろのり) 1973年生まれ。2006年から「週刊文春」記者。17年に「『甘利明大臣事務所に賄賂1200万円を渡した』実名告発」で、19年に「証拠文書入手! 片山さつき大臣 国税口利きで100万円」で「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」スクープ賞を2度受賞。22年よりジャーナリストとして独立)

小誌が報じた金銭授受問題

「私はこの事件に関して事情を全く知らされていないということなんです。で、それどころか秘書がURと接触していたこと自体を知らされていないんです。だから私は寝耳に水、と。事件がどういうものであったのか、何しにURに行ったのか分からないところから始まったわけであります」

 10月1日に行われた自民党新四役の就任会見で滔々と述べたのは、甘利明新幹事長。「寝耳に水」と語った事件とは、小誌が16年1月21日発売号で報じた金銭授受問題である。

岸田政権の幹事長に就任

〈「甘利明大臣事務所に賄賂1200万円を渡した」実名告発〉と題した記事では、甘利事務所が都市再生機構(UR)との補償交渉で、建設会社側から口利きの見返りに金銭を受け取っていた事実などを報道。甘利氏は当時、TPP交渉を担う経済再生相の要職にあったものの、発売から1週間後の1月28日の会見で現金授受を認めた上で閣僚を辞任したのだった。

甘利氏は安倍政権で経済再生相

 あれから5年8カ月余りが経ち、再び党ナンバー2という枢要ポジションに起用された甘利氏。だが、その言葉には明らかな「ウソ」が――。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年10月14日号

文春リークス
閉じる