週刊文春 電子版

コロナ第六波は本当に来るのか 《分岐点は11月上旬》《2カ月周期?海外に学ぶリスク》《ワクチン効果減少で高齢者はどれだけ危ない?》

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 医療

 夏の感染爆発が嘘のように、新型コロナの感染者は日に日に減少している。10月11日、東京都の新規感染者数は49人。実に1年4カ月ぶりに、50人を下回った。もはやコロナは収束したのか――。

 第五波真っ只中の8月20日、全国の新規感染者は2万5876人と過去最多を記録。都内の一日の感染者数は5000人を優に超えた。9月上旬には自宅療養者が13万人を超え、医療崩壊を起こした。

 ここまで急激に感染者が減った理由の一つが、夜間の滞留人口の減少だ。

 都のモニタリング会議は「お盆の時期前後から深夜の繁華街に滞留している人の割合が減った」と報告。東京都医学総合研究所のデータでは、ワクチン未接種者など、感染リスクの高い人の夜間滞留人口が、4月の3回目の緊急事態宣言時と比べても、23.1%も減少したという。

 もう一つの理由がワクチンである。第五波は接種をしていない若者の感染者が中心だった。東京の8月の新規感染者は20~30代が5割を超えていたが、ワクチン接種の進んでいた60代以上の感染者はわずか6%だ。杏林大学呼吸器内科・皿谷健准教授が語る。

「第五波は家庭内感染や近い友人からの感染が主流でしたが、当院でワクチンを2回打った高齢者の入院はなかった。ワクチンの発症抑制効果や、重症化抑制効果が有効だったのは明らか」

皿谷氏

 日本のワクチン接種率は64.3%(10月10日時点)。11月上旬には希望者への接種を完了する見込みだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年10月21日号

文春リークス
閉じる