週刊文春 電子版

内田有紀 老けない45歳に「ドクターX」はいるのか

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

「ファインダーを覗くと、20代とも見紛うほど、肌に透明感があった。10代の頃と、変わらないプロポーションにも驚かされました」

 あるベテランカメラマンが絶賛するのは、10月14日スタートの『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)に出演する女優・内田有紀(45)だ。

 内田は2012年の第1シリーズから、主演の米倉涼子(46)をサポートするフリーの麻酔科医を演じる。前シリーズの平均視聴率は18.5%と、テレ朝の看板ドラマの一つ。撮影はコロナ禍でも順調で、

「内田さんは手術シーンや、2人が所属する医師紹介所での麻雀シーンなど、テレ朝局内で主に収録しています」(テレ朝関係者)

米倉、岸部一徳と息はピッタリ(番組HPより)

 現場の雰囲気も上々。

「自分の世界を持っている内田さんは、実は1人でいるのが好きなタイプ。でも撮影の待機中は、米倉さんが座長として積極的に声を掛けて、場を盛り上げている。2人は同じ学年で、『米ちゃん』『ユキちゃん』と呼び合う仲。先日、内田さんが米倉さんにピアスを贈っていました」(同前)

 今でこそ高視聴率ドラマの“陰の功労者”と呼ばれる内田だが、道のりは平坦ではなかった。17歳で女優デビューした当初は歌も歌う、アイドル女優の一人。だが『北の国から』で共演した俳優・吉岡秀隆と02年に結婚し、芸能界を電撃引退。主婦業に専念するも、僅か3年で離婚した。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年10月21日号

文春リークス
閉じる