週刊文春 電子版

自民、想定外! 10・31総選挙「289全選挙区予測」【当落予測一覧表付き】

▶︎「甘利幹事長」起用で自民党への追い風が消えた ▶︎「岸田首相」の補佐官も「ポスターは進次郎」 ▶︎「山本太郎」乱入で野党大モメ 裏に「蓮舫」の野望

久保田 正志

PICKUP!

ニュース 社会 政治

 支持率低迷に喘いだ菅首相から岸田新首相にトップの「顔」が代わった自民党。10月31日投開票の衆院選はどういう結末を迎えるのか。全289選挙区を網羅し、注目候補の内情に迫ったどこよりも詳しい「最強予測」。

仏滅選挙に挑む岸田首相

「いの一番に国民に岸田にお任せいただけるのかどうか、ご判断頂きたい」

 10月4日夜、就任会見に臨んだ岸田文雄首相。10月19日公示、31日投開票で衆院選を行うと表明した。当初は11月7日以降の投開票が有力だったが、

「“ご祝儀相場”に期待したのでしょう。首相は1人で解散日程を練っていました」(官邸関係者)

 しかし、朝日新聞の世論調査(10月4日、5日)では内閣支持率は45%に留まり、菅内閣の発足時(65%)を大きく下回った。厳しい数字は首相側近の選挙戦略にも影響している。

 村井英樹首相補佐官の地元事務所。壁中に幾枚もの2連ポスターが貼られていたが、村井氏の横に並ぶのは岸田氏ではない。小泉進次郎前環境相だった。

――2連ポスターの相手が岸田氏ではないが。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年10月21日号

文春リークス
閉じる