週刊文春 電子版

香川照之「日本沈没」の次はまた土下座する

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

「主演の小栗旬さんが今年6月から、来年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の撮影に入る予定だったため、こちらは春までに撮影は終わっています。TBSの大功労者と言われる香川さんですが、年下の座長を立てて、現場を盛り上げていました」(ドラマスタッフ)

主演の小栗

 TBS日曜劇場「日本沈没―希望のひと―」で、関東沈没を唱える異端の地震学者・田所雄介を演じる香川照之(55)。ドラマは初回、第2回とも視聴率15%超と好スタートを切った。

 半沢直樹シリーズをはじめ、これで11度目の日曜劇場出演の香川。もはやTBSの“顔”だが、インタビューでは飽きられないための工夫を明かしていた。

「日曜劇場に毎年のように出させていただいて、いつも同じ髪型しているので、髪型変えたいというのでアイロンでくるくるに巻いているんですけど」

異端の学者(TBSより)

 とはいえその“顔芸”は健在で、声を震わせる独特な喋り方で異端学者らしさを演出。撮影の合間には、学者並みの知識を持つ昆虫の話を共演者に披露したかと思えば、

「コロナの蔓延で、地球自体がおかしくなっているんだよ!」

 と、田所博士のように熱弁を振るうこともあったという。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年10月28日号

文春リークス
閉じる