週刊文春 電子版

【特別対談】東畑開人×ブレイディみかこ「心がコロナで消えた?」

そもそも“心”とは何なのか?徹底的に語り尽くす。

東畑 開人
ブレイディ みかこ
ニュース 社会 読書 ヘルス

 連載中から大反響を呼んだ、臨床心理士の東畑開人さんのエッセイ「心はつらいよ」。単行本化を記念して、「エンパシー(他者を理解する知的能力)」という概念が注目されているブレイディみかこさんと初めて語り合った。

 

(Brady Mikako 1965年生まれ。96年から英国ブライトン在住。ライター、コラムニスト。19年『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』でYahoo!ニュース―本屋大賞2019年ノンフィクション本大賞などを受賞。他著に『子どもたちの階級闘争』など。)

 

(とうはたかいと 1983年生まれ。2010年京都大学大学院教育学研究科博士課程修了。十文字学園女子大学准教授。17年に白金高輪カウンセリングルームを開業。著書『居るのはつらいよ』で大佛次郎論壇賞、紀伊國屋じんぶん大賞2020受賞。他著に『野の医者は笑う』など。)

photo by Shu Tomioka

東畑 初めまして。去年、紀伊國屋書店が主催の「キノベス!」の1位にブレイディさんの『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』が、紀伊國屋じんぶん大賞に僕の『居るのはつらいよ』が選ばれました。授賞式でお目にかかれると思っていたんですが、なくなってしまいましたね。

ブレイディ 私も楽しみにしていたので、残念でした。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年10月28日号

文春リークス
閉じる