週刊文春 電子版

甲府一家放火殺人 19歳犯人は皆勤賞の生徒会長だった

《父が給湯器窃盗で逮捕、小中は不登校》《事件前、学園祭で広瀬すず似の生徒会後輩に…》《狙われた少女が卒業式で叫んだ両親への感謝》

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

 家族4人が平和に暮らす家に侵入し、両親をメッタ刺しにした上、火を放って逃げた19歳。動機は片思いの後輩に「LINEをブロックされた」恨みだった。死刑も免れない凶行に及んだ“少年”の素顔に、総力取材で迫る。

全焼した井上さん宅

 JR甲府駅から南東に約3キロ、山梨県甲府市蓬沢は、周囲にぶどう畑が点在する平穏な町である。夜になると静まり返る住宅街の一角に1台の車が停まったのは10月12日未明のこと。

 木造2階建ての一軒家には、会社員の井上盛司さん(55)と妻の章恵さん(50)、その娘である2人の姉妹が4人で暮らしていた。

「もし見つかったら、家族全員ぶっ殺してやる……」

 井上さん宅を前にそう心に決めたのは、2週間ほど前に誕生日を迎えたばかりの少年A(19)だった。

少年A(中学の卒業アルバムより)

 Aは事前に井上さん宅を下見し、複数の刃物を準備した。その中から果物ナイフを選び、テープでぐるぐる巻きにして手に固定する。さらに揮発性の高い油が入ったオイル缶も用意した。家に来た目的は、同じ高校の1学年下のB子さん(18)に、交際を無理やりにでも承諾させるためだった。

 窓ガラスを割って侵入したA。だが、1階で寝ていた両親に見つかったことで逆上し、最初に盛司さんをメッタ刺しにする。さらに「やめて」と泣き叫ぶ章恵さんも同様に刺し続けた。傷は10カ所以上に及び、内臓にまで達していたという。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年10月28日号

文春リークス
閉じる