週刊文春 電子版

ノーベル賞学者「予算獲得で誇大論文」 190億円「KAGRA計画」は破綻していた

「サイエンス無い!」会議音声、内部文書入手

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 テクノロジー サイエンス

 ノーベル賞学者の梶田教授をトップに据えた国家的プロジェクト「KAGRA計画」。だが、その研究成果に疑義を呈する声が上がっている。小誌が入手した計6時間に及ぶ会議音声、学術論文、内部文書を解析すると――。

真空パイプが通るアームトンネル

 今年4月19日、日本が誇るノーベル賞学者が率いる国家的プロジェクトの幹部会議は紛糾していた。会議の後半、国立天文台の准教授がこう声を上げた。

「明らかに『感度よりもスケジュールが優先』と、EO(最高幹部)が言っているわけですね。その理由が『MOA(海外機関との研究協定)です』では、あまりにもサイエンティフィックに理解できないんです」

 さらに、EOの一人でもある大阪市立大の教授も同調するように続けた。

「梶田さんの言ったニュアンスを、幾ら何でも『25が20でも(になっても)駄目とは言わない』というくらいの意味と捉えていた。1MPcでやったってしょうがないでしょ! サイエンス無いんだったらやったってしょうがないよ」

 最前線の研究者たちが厳しい言葉を向けていたのは、2015年のノーベル物理学賞受賞者で、日本学術会議の会長でもある梶田隆章氏(62=東大宇宙線研究所所長)だ。その梶田氏が研究代表者を務めているのが、「大型低温重力波望遠鏡KAGRA計画」。日本最高峰の英知が集うはずのプロジェクトで一体、何が起こっているのか――。

 宇宙はなぜ、どのように始まったのか。その壮大な謎を解き明かすのが、今から100年以上前、物理学者アインシュタインが一般相対性理論から予言したという「重力波」の存在だ。

「重力波とは、非常に重い天体が加速度運動する際に生じる時空の歪み。“アインシュタインが残した最後の宿題”と呼ばれ、観測することで宇宙の成り立ちやビッグバン発生のメカニズムなどを解明できるとされます。世界中のトップ宇宙物理学者が観測に挑んできました」(科学部記者)

 この分野を牽引してきた日本も例外ではない。岐阜県飛騨市神岡町にある神岡鉱山の地下深く。ここには、最先端の宇宙研究施設が整備されている。小柴昌俊氏のノーベル物理学賞受賞(02年)に繋がった施設「カミオカンデ」(83年完成)。梶田氏の受賞に繋がった後継施設「スーパーカミオカンデ」(96年完成)。そして“アインシュタインが残した最後の宿題”に挑むために、10年から建設が始まったのが「KAGRA」だった。

「重力波はあと3、4個のノーベル賞を狙える分野です。だからこそ、KAGRA計画は12年、〈世界の学術研究を先導する画期的な成果を挙げる大型プロジェクト〉として、文科省の『大規模学術フロンティア促進事業(13年度~22年度)』にも採択された。以降、学術会議が3年ごとにまとめるマスタープランを踏まえ、文科省がロードマップを策定してきました」(文科省関係者)

 同省研究振興局によれば、投じられた税金は建設費164億円、運営費26億円。計190億円に及ぶ。

 ところが――。

「〈世界の研究を先導する画期的な成果〉に程遠いのが実情です。にもかかわらず、成果が上がっているかのようにアピールし、予算を獲得してきました」

 小誌の取材にそう告発するのは、KAGRA計画に携わる研究者・A氏だ。

 多くの研究者が最初に違和感を抱いたのは、2年前の完成式典だった。硬質な飛騨片麻岩を掘削した一辺3キロのL字型トンネル内に横たわる巨大な重力波望遠鏡KAGRA。19年10月4日、約50人の関係者が集う中、梶田氏が緑色のボタンを押すと、干渉計(空間の歪みを測定する装置)が機能する様がモニターに映し出されていく。その瞬間、感嘆の声と万雷の拍手が会場を包み込んだ。

「KAGRAがついに完成し、大変喜んでいます」

 そう語り、相好を崩した梶田氏。その後、向かったのは、40キロほど離れた富山市のホテルだった。祝福ムードの中、登壇した米国の重力波望遠鏡LIGO、欧州の重力波望遠鏡Virgoの代表者たち。梶田氏は彼らと、「19年内に共同観測を行う」などの研究協定を結んだのだった。

 だが、A氏はこう明かす。

「この式典ではアウトプットモードクリーナー(ノイズを除去する光共振器)がインストールされていないなど、必要不可欠な技術が搭載されていませんでした。そもそもボタンで装置が作動したのではなく、東大の若手研究員が装置を遠隔でコントロールし、稼働したように見せていたに過ぎません。いわば“飛べない飛行機”だったのです」

完成式典でボタンを押しているが……

論文に記した6000分の1の感度

 重力波望遠鏡の感度はMPc(メガパーセク)という単位で表す。これは、望遠鏡でどれほど遠くの宇宙を見ることができるかを表した距離の指標だ。15年9月に重力波を世界で初めて観測し、後にノーベル物理学賞も受賞したLIGOは、初観測の時点ですでに約60MPcの感度だった。

「Virgoが17年7月に国際共同観測に参加した時も30MPc。当時、VirgoはKAGRAと同様にボタンを押す演出を行いましたが、必要な装置を搭載した“飛行可能な飛行機”の状態でした。他方、19年10月時点で、KAGRAの感度は僅か1・3KPc(キロパーセク)。Virgoの約2万4000分の1という壊滅的な値でしたが、こうした数字は式典ではアナウンスされなかったのです」(同前)

 なぜ、“完成”していないにもかかわらず、式典を開催したのか。KAGRAの研究者・B氏も言う。

「KAGRAは文科省からたびたび、計画の遅れを指摘されていました」

 梶田氏らへのヒアリングをまとめた文科省の進捗評価(16年12月6日)では、〈予定していた(15年末の)観測開始には至っていない〉。2年後の進捗評価(18年8月30日)でも〈計画に依然として遅れは認められる〉。その一方で〈O3観測までの装置完成の目途を得ている〉という評価も受けていた。

「国際共同観測はO1、O2、O3、O4の4期で行われる。欧米はO1、O2を終了し、19年1月~12月の工程でO3観測に入る予定でした(※観測時期は以降、少しずつ先送りされていく)。文科省は巨額予算を付けた以上、KAGRAが装置を完成させ、O3終盤に加わることを期待していたのです」(同前)

 KAGRAがいつ頃までに、どの程度の感度を達成するか、を示す重要な論文がある。梶田氏らが毎年提出するシナリオペーパーだ。

 前出のA氏が解説する。

「シナリオペーパーは、予算申請にも活用される最重要論文です。いわば、実際の重力波観測に向けた工程表。毎年LIGOのHP上で最新版がアップされ、学術雑誌に掲載されます」

 文科省研究振興局の担当者も続ける。

「シナリオペーパーは感度に関して、唯一記載がある論文。机上の空論を設定するのではなく、目指すべき目標値を記すものです」

 事実、LIGOは19年版(9月26日付)シナリオペーパー(写真参照)で〈О3(19年4月~昨年6月)110~130MPc〉と記していたが、同年11月時点で平均130MPcを達成。Virgoも〈O3(同)50MPc〉と記していたが、平均50MPcを達成していた。

 Virgo担当者が語る。

「(シナリオペーパーの数字は)実際の感度を示していて、理想的なターゲットを表すものではない」

 では、KAGRAはどうだったか。同じ19年版のシナリオペーパーを見てみよう。折しもアップされたのは、完成式典の直前だ。

〈O3(19年10月~昨年6月)8~25MPc〉

O3で8~25MPcを目指す(19年版のシナリオペーパー)

 だが、前述したように19年10月時点の感度は1・3KPc。8MPcの約6000分の1に過ぎない。にもかかわらず、式典直前に、少なくとも8MPcの感度を実現できると受け取れる記載を行ったことになる。

「欧米とのO3観測に加われるレベルまで感度を高め、装置も“完成”したことにすれば、文科省に指摘された課題を満たすことになる。今後の予算獲得にも有利に働くでしょう。しかし、現実の感度とはあまりに乖離している。“誇大論文”と非難されても仕方がありません」(前出・A氏)

優秀な研究者が離れていった

 その後、KAGRAは昨年3月末、瞬間的ではあったが、国際共同観測に参加可能な最低水準である1MPcを達成する。しかし、

「重力波が観測できる最低ラインは25MPcと言われている。例えば、25MPcの感度で一発の重力波の観測に1年かかると仮定すると、1MPcでは1万5000年以上待たないと観測できません」(同前)

 結局、昨春以降はコロナの世界的流行もあり、19年内に行うとしていた欧米との共同O3観測は一度として実現しなかった。

 それから約1年後――。

 KAGRAにとって、次の目標はO4観測になっていた。コロナ禍で1年ほど先延ばしになり、来夏の開始が予定されるO4観測。そうした中、東大宇宙線研究所の大橋正健教授が4月16日、一通のメールを研究者たちに送信した。大橋氏は「梶田氏に次ぐKAGRAナンバー2」(同前)。そこには、予算に関する重要事項が記されていた。

〈現在、KAGRAは大規模フロンティア促進事業の一つとして予算が認められています。この期限は、2022年度までとなります。したがって、2023年度からの予算を、2022年(来年)に要求します。これは財務省が8月末に完成させる概算要求資料にまとめられるので、それ以前にヒアリングがあるということになります。例年は6月ごろです。(略)これらのヒアリングは、KAGRAにとって非常に大事です。ですから、KAGRAはO4開始時に参加しなければならないわけです〉

 計190億円の予算が投じられてきたKAGRA計画。大規模フロンティア事業としての期限は22年度までだ。ただ、来年6月以降の「期末評価」で高評価を得て、同事業の後続計画として認められれば、新たに10年分(23年度~32年度)の予算を手にできる。

「つまり、来年6月の時点で欧米とのO4観測に加われば、大きなアピール材料になり、追加予算が認められる。大橋氏はそう伝えてきたのです」(同前)

 だが、O4参加ありきの姿勢は現場の研究者たちから大きな反発を招く。それが、冒頭の会議音声だ。

 大橋氏はまず「メールに書いた通り、O4に参加するのが先」などと主張。ところが、昨年3月末に達成した1MPcからは感度の向上がほぼ見られていない現状に、研究者からは「現状でO4に参加しても意味がない」旨の反論が重ねられていく。最後には「サイエンス無い」と憤りの声が上がったのだった。

 こうした議論は、トップの梶田氏にも直接ぶつけられていた。5月12日、梶田氏も出席した最高意思決定機関「KAGRAテレコム」。オンラインでの会議は全て英語で行われた。入手した音声データには、現場研究者らの不満が爆発する様子が記録されている。

 助教の一人はこう怒りを滲ませていた。

「O3で働いてくれた現場のキーパーソンのほとんどが離れてしまった。まだ残っている人たちも、(来夏のO4参加という)この非現実的なスケジュールをこなすために一生懸命になっている。(予算獲得を優先する)あなた方は、KAGRAに何を貢献できるか考えるべきです」

 実はKAGRAの体制に失望し、去っていった研究者は少なくない。その一人が、サブプロジェクトマネージャーだった川村静児氏(当時は東大宇宙線研究所教授)。17年末、名古屋大大学院に籍を移している。

 前出のB氏が証言する。

「川村氏はLIGOの性能を1000倍以上に引き上げる成果を出し、LIGOのノーベル賞受賞にも大きく貢献した人物。その川村氏が去った後、KAGRAを支えてきたのは、その弟子たちでした。しかし彼らも軒並み、O3の後に辞めてしまった。結果、レーザー干渉計の運用にも支障が出てしまっているのです」

 川村氏らが去り、慢性的な人手不足にも陥っているKAGRA計画。それでも、梶田氏らはO4への参加が最優先事項と譲らない。

 しかし、そもそもKAGRAの実態を、パートナーとなる欧米は認知しているのか。5月24日の幹部会議ではその点を指摘する声が次々と上がっていた。

「LIGO側に1MPcくらいと伝わっておらず、サイエンスシナリオペーパーの値をまだ信じている人たちが結構いる状態。『80MPc出るんでしょ?』と言っている状態です」

「前提がだいぶ覆るようだとLV(LIGO、Virgo)の人らは後になってだいぶ怒りかねない」

 今年度はまだシナリオペーパーが出されていないため、現時点の最新シナリオペーパーは昨年版(9月29日付)となる。そこにはこう記されているのだ。

〈O4観測(来年1月~23年1月 ※その後、来年8月~に変更)25~130MPc〉

 このペーパーを見て、海外の研究者が「KAGRAはO4観測が始まる来夏には、80MPc程度の感度が実現できる」と受け止めても不思議ではない。実際、Virgo担当者も言う。

「O4の終わりに向け、初の重力波の検出を達成することを期待しています」

 だが実際には、重力波検出はおよそ不可能な1MPc程度。この現実を受け、6月30日の「KAGRAテレコム」で重大な方針変更が打ち出された。音声データによれば、梶田氏は英語でこう切り出している。

「O4が目標としていた感度ターゲットは25~130MPc。しかし、この目標を達成することは放棄すべきと考えています」

6月30日の会議で出された図表

梶田氏に疑惑をぶつけると……

 オンライン会議の画面に映し出された資料には、〈we should give up to achieve this sensitivity〉

 の文言。ついに、シナリオペーパーに掲げてきた感度を諦めたのだ。そして新たに「1MPc以上」まで目標感度を大幅に引き下げた上で、O4に参加することが表明されたのだった。

内部文書に〈give up〉の文言

 しかし、この日も質疑応答で異論が噴出。助教の一人は英語でこう訴えた。

「数カ月の期間を取ってその間に(感度の)改善が見込めれば、ということも考えられる。ただ、一度観測が開始されてしまえば、我々が彼らに届ける情報は(1MPc程度の)ただのノイズ、という馬鹿げた話になる」

 だが、梶田氏はこれに応答せず、司会者が「更にディスカッションをする」と引き取るだけだった。

 約2カ月後の8月27日。再び「KAGRAテレコム」が行われ、今度は梶田氏自らこう宣言する。

「来年度予算を文科省に申請しています。金額は今年度と同様で400万ドル(約4億4000万円)程度。22年夏の審査は、KAGRAが今後10年間にわたってサポートを受けられるかどうかがかかっています」

梶田氏も参加した8月27日のオンライン会議

 梶田氏の言葉や大橋氏のメールの通り、KAGRAは今、感度の向上ではなく、O4観測への参加という“実績”を武器に、23年度~32年度の予算を獲得することを狙っている。

「23年度以降の大規模フロンティア事業もまた、学術会議がマスタープラン2020に続けて、新たに採択するマスタープラン2023などを参考に審査していくことになります」(文科省研究振興局の担当者)

 とはいえ、ここに1つの問題が生じる。梶田氏は現在、学術会議の会長。いわば審査する側のトップと、審査される側のトップが同一という状態にあるのだ。

 前出のB氏が言う。

「それゆえ、マスタープラン2023に採択されやすいと指摘されています。マスタープランにさえ採択されれば、文科省の審査はそれほど厳しくない。一気に巨額予算獲得への道筋が拓けてくるのです」

 こうした内部告発を、梶田氏はどう受け止めるのか。10月9日、話を聞いた。

――19年版シナリオペーパーには「8~25MPc」という数字がある。

「約束という意味ではなく、このくらい頑張って出せればいいなという意味です」

――文科省とのコミュニケーション上も問題では?

「あまり僕は問題とは思いませんけど。『1MPc以上は出ない』ではありませんし。現実に出せるかと言うと……ということです」

――完成記念式典の時点で装置は完成していた?

「とりあえずの……O3のためのインストレーションはできていた。そこから色んなノイズを落としたり、運転モードを良くしたり、延々とやっていたんです」

――稼働していた?

「したけども、1000分の1とかそういうレベル。重力波が観測できるようなレベルではないけど、『装置はできました』という、そういう式典ですから」

――KAGRAテレコムで、「感度を諦める」と。

「国際共同で約束した以上、一緒に観測することが、一番のプライオリティ。『感度を上げることだけをやってちゃ駄目だ』と」

――来夏にLVと一緒にやるのも、予算獲得のため?

「科学的な成果をきちんと着実に出しながら、それを認めてもらって予算を認めて頂くということです」

――学術会議の会長であることは有利に働くのでは?

「でも、私は審査する委員会には入らないから」

――1MPc以上では、科学的成果が見込めない。

「やってみないと分かりません。欧米のプロジェクトは日本に対して15年くらい先行している。やっぱり15年の差は大きいです」

文科省は「これから問題に」

――研究者たちの反発は?

「そういう声を出す人はいますよ。でも、それは少数です。『辞めます』なんてことをしたら、日本の重力波のコミュニティが世界から完全に爪弾きですから」

 東大宇宙線研究所に書面を送ったところ、梶田氏や研究者らの発言、大橋氏のメールなどについては事実関係を認め、主に以下のように回答した。

「シナリオペーパーの数値は、執筆時点で到達されると見込まれた感度の見積もりであって、いわゆる数値目標とは性質を異にするもの。(非現実的な数値を記載し、巨額予算を得ようという)考えはありません。

 大型施設の場合、完成記念式典を行うことは一般的であり、予算申請を有利に進める意図はありません。

 LVとのマネージメントレベルの会合は毎週行われており、そこで情報は共有されています」

 文科省研究振興局に改めて取材を申し込むと、主に以下のように回答した。

「(これまでは)マスタープランを参考にし、シナリオペーパーなども含め、審査をしてきました。

(今年度の概算要求に関して)梶田氏らの6月の報告によれば、O4で3~5MPcを目指していると聞いています。ただ、1MPcが現時点の最高水準と聞いているのは事実です。

(ペーパーと異なるKAGRAの感度は)これから問題になるかもしれません。次の10年間は建設段階から運用段階に入ります。マスタープランも含め、全て平たく審査をし直します」

 日本を代表する物理学者ながら、KAGRA計画を離れた川村氏。「私は自分のワガママで去った人間なので……」と前置きした上で、小誌にこう語った。

「1つ憶えているのは、当時も文科省と交わした『何年度中にこれをやる』という約束は絶対に守らないといけなかった。それは本当に大変でした。KAGRAは欧米に比べて圧倒的に人手も足りないし、地下での作業は地上の何倍も難しいので、危機感を抱く人がいるというのは分かります」

 最後にA氏が言う。

「もちろん、画期的な成果を出すには、欧米に負けないほどの巨額の投資も必要でしょう。しかし、実態と乖離した“誇大論文”を掲げ、優秀な人材も離れ続ける現状では、幾ら予算を手にしても成果は出ません。多くの研究者はもう一度“正しい物理”をしたいと心から願っています」

 計190億円が投じられ、更なる予算が注ぎ込まれようとしている国家的プロジェクト、KAGRA計画の破綻。それは、取りも直さず、日本の科学敗戦を意味している。

source : 週刊文春 2021年10月28日号

文春リークス
閉じる