週刊文春 電子版

ノーベル賞学者「予算獲得で誇大論文」 190億円「KAGRA計画」は破綻していた

「サイエンス無い!」会議音声、内部文書入手

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 テクノロジー サイエンス

 ノーベル賞学者の梶田教授をトップに据えた国家的プロジェクト「KAGRA計画」。だが、その研究成果に疑義を呈する声が上がっている。小誌が入手した計6時間に及ぶ会議音声、学術論文、内部文書を解析すると――。

真空パイプが通るアームトンネル

 今年4月19日、日本が誇るノーベル賞学者が率いる国家的プロジェクトの幹部会議は紛糾していた。会議の後半、国立天文台の准教授がこう声を上げた。

「明らかに『感度よりもスケジュールが優先』と、EO(最高幹部)が言っているわけですね。その理由が『MOA(海外機関との研究協定)です』では、あまりにもサイエンティフィックに理解できないんです」

 さらに、EOの一人でもある大阪市立大の教授も同調するように続けた。

「梶田さんの言ったニュアンスを、幾ら何でも『25が20でも(になっても)駄目とは言わない』というくらいの意味と捉えていた。1MPcでやったってしょうがないでしょ! サイエンス無いんだったらやったってしょうがないよ」

 最前線の研究者たちが厳しい言葉を向けていたのは、2015年のノーベル物理学賞受賞者で、日本学術会議の会長でもある梶田隆章氏(62=東大宇宙線研究所所長)だ。その梶田氏が研究代表者を務めているのが、「大型低温重力波望遠鏡KAGRA計画」。日本最高峰の英知が集うはずのプロジェクトで一体、何が起こっているのか――。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年10月28日号

文春リークス
閉じる