週刊文春 電子版

鈴木誠也(広島東洋カープ 外野手)「苗字は鈴木だが、イチローと姻戚関係にはない……想像だが」|鷲田康

野球の言葉学 第593回 

鷲田 康

連載

エンタメ 社会 スポーツ

 今夏に開催された東京五輪で金メダルを獲得した野球の日本代表で、ひときわ米メディアの注目を集めていたのが、広島の鈴木誠也外野手(27)だった。

言葉は米メディア『バースツール・スポーツ』のもの

 鈴木は昨オフの契約更改でポスティング制度を使ったメジャー移籍の希望を球団に伝え、球団も「基本的にメジャー志向の選手は、できる限り応援してやりたいという気持ちはある」(鈴木清明球団本部長)と移籍容認の姿勢を示していた。

 そのため米国戦後には米メディアが鈴木に殺到。

「チャンスがあるなら最高の舞台でプレーしたい」

 LAタイムズは、メジャー挑戦に意欲的な鈴木の言葉をこう報じた。

「もともと鈴木は巨人ファンでフリーエージェントの権利を獲ったら、先輩の丸(佳浩外野手)の後を追って巨人に移籍するのではないかと言われていました」

 こう語るのは地元広島の放送関係者だ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年11月4日号

文春リークス
閉じる