週刊文春 電子版

ブロックチェーン技術の「破壊力」|三木谷浩史

三木谷浩史「未来」 第18回 

三木谷 浩史
ニュース 社会 経済 国際 企業 働き方 テクノロジー

 先週号では、アフリカのケニアで電子マネーが普及している様子を紹介し、現金信仰が強い日本でも「通貨」はいずれ、電子マネーに置き換わるということを書いた。そうしたフィンテックの進展に欠かせないのが、ブロックチェーン技術だ。ブロックチェーンとは、一般的に「『分散台帳』を可能にする技術」と説明される。これは、どういうことか。

 インターネット上における取引履歴の全てを、ブロックチェーンによって現在から過去にわたって正確に記録する――。言い換えれば、あるデータが〈AからBに渡り、さらにCからD、Eへと渡され、現在はFが所有している〉といった「取引履歴=ブロック」が、まるでチェーンのように繋がる形で記録される、ということだ。この技術によってデータは改竄や偽造から守られ、インターネット上で共有されることでその信用が担保される。

 このブロックチェーン技術の「破壊力」は、これまでの「認証」や「承認」という概念を覆してしまうところにある。

 僕らの生きるこれまでの社会では、取引のデータの信用性は、多くの場合、特定の機関によって認証されていた。お金にせよ、様々な証書にせよ、「1対1」の取引が成立したかどうかは、誰かによって承認される必要があったからだ。例えば、公証役場なんかはそのためにあり、こうした機関が「これは正しい書類である」と認定して初めて、正しい取引として認められる仕組みだ。

 でも、ブロックチェーンの技術を使うことで、そうした承認の「胴元」のような機関は必要なくなる。ブロックチェーンが僕らにもたらすのは、先に触れたように、ネットワークのコミュニティがデータの「正しさ」を保証する「自律分散型」の世界であるからだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年11月4日号

文春リークス
閉じる