週刊文春 電子版

部位別筋トレ術 高齢者フレイルを防ぐ足腰の作り方 7つのチェックポイント、“第二の心臓”ふくらはぎを筋活せよ、たんぱく質は1日の必要量

「週刊文春」編集部
ライフ 社会 ライフスタイル ヘルス

 近頃「つまずきやすい」「動くと疲れやすい」と感じることはないだろうか?

 心当たりのある高齢者は「フレイル」予備軍かもしれない。運動不足や生活習慣の変化などによって筋力が低下し、足腰の衰えを招いている可能性があるのだ。

 

 フレイルとは加齢に伴い筋力や食欲、心身の活力が低下するなど、高齢者が直面する衰え全般を指す。東京都健康長寿医療センターの調査では、全国の高齢者の8.7%がフレイル。4.08%が、予備軍のプレフレイルだという。

 内閣府の「高齢社会白書」によると、高齢者が要介護・要支援認定を受けた理由で最も多いのは「認知症」、次に「脳血管疾患」。だが、その次には「高齢による衰弱」(フレイル)、「骨折・転倒」と続いているのだ。

 コロナ禍の外出自粛で家にひきこもっていた人も多いが、高齢者は体を動かさないと即、衰えにつながる。川崎医科大学総合老年医学の杉本研教授はこう語る。

「筋肉は、使わなければ1日単位で落ちます。特に、もともと筋肉量の多い男性がサルコペニア(筋肉が減少した状態)になりやすい」

 一方、骨粗鬆症や変形性膝関節症などの関節疾患は女性に目立つという。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年11月4日号

文春リークス
閉じる