週刊文春 電子版

Snow Manに格差 ラウールをタッキー激推しのワケ

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 音楽

「9月に出たアルバムは100万枚を超え、現在、17万人の動員を予定する全国ツアーの真っ最中。事務所の稼ぎ頭に成長した9人ですが、いまグループの中で“格差”が広がっているんです」(音楽関係者)

 今春から冠番組『それSnow Manにやらせて下さい』(TBS系)がスタート、来年3月には全員が出演する映画『おそ松さん』の公開も控える。

「新潮社から発売されたジャニーズ事務所公認のグループ別新年度カレンダーも、予約だけで20万部を超えた。来年は小学館から発売が決定しており、版元は大喜びです」(出版関係者)

 飛ぶ鳥を落とす勢いの彼らだが、順調にデビュー出来たわけではない。2012年に6人で結成されたが、

「ジャニー喜多川さんに『このままじゃ売れない』と言われ、後輩のKing & Princeが先にデビュー。『友人が就職していく中で不安だった』と漏らすメンバーもいた。そこでSnow Manをデビューさせるために尽力したのが、現在は事務所の副社長を務める滝沢秀明でした。滝沢は自らグループ名を付け、自分の舞台を支えてくれた彼らを気に入っていた。そこでジャニーズJr.の中でも人気があったラウール、目黒蓮、向井康二の3人を加えて、20年1月、CDデビューに漕ぎつけた」(スポーツ紙デスク)

今や裏方のタッキー

 以来、3作連続でシングルが100万枚を突破。

「長年応援しているファンは年齢層も高く、収入もある。CDやカレンダーを複数枚購入するため、他のグループよりも売り上げが多いのです」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年11月4日号

文春リークス
閉じる