週刊文春 電子版

衆院選「最終当落」緊迫176選挙区徹底予測

「岸田」聴衆が集まらない、「枝野」接戦でバレた小さすぎる器、甘利明の“デス応援”、平井前大臣タニマチ社長が「接待は普通」擁護動画…

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 政治

 解散から2週間、かつてない異変が起きている。野党が一本化した選挙区を中心に自民が失速。176が激戦区となったのだ。総力取材の結果、浮かび上がった衝撃の最終数字とは――。

「昨日(24日)の夜、総裁は『よく頑張ったけどね。ちょっと残念だったなぁ……』と話していました」

 小誌の取材にそう語るのは、自民党の遠藤利明選対委員長だ。

 衆院選に向けた“ラストサンデー”となる10月24日。参院静岡補選で当選したのは、野党が推薦した山崎真之輔氏だった。

 岸田文雄首相にとって“初陣”だった静岡補選。告示当日の10月7日から現地入りするなど力が入っていたが、情勢は芳しくなかった。遠藤氏も周辺に「ヤバそうだから、もう岸田さんを入れない方がいいか」と漏らしていたが、岸田氏は10月21日にも再び静岡入り。にもかかわらず、敗れてしまったのだ。

 遠藤氏はこう語る。

「総裁が来なければ、『見捨てられたんだな』と思われる。仲間が苦しんでいる時は、大将は最後まで応援するもんですから。新聞には『党幹部が動揺した』と書いてあったけど(衆院選には)全く関係ない。総裁も同じ思いですよ」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年11月4日号

文春リークス
閉じる