週刊文春 電子版

無料公開中

V6解散でも「三宅健は大丈夫」の謎が解けた

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 音楽

「最後のツアーは『悲しい終わり方にしたくない』という岡田准一(40)の提案で、普段通りの演出を心がけたといいます。振り付けを担当したのは森田剛(42)。負けじと色々なアイデアを出したのが、誰よりも“V6愛”の強い三宅健(42)でした」(音楽関係者)

 

 11月1日の配信ライブをもって26年間の活動に幕を下ろしたV6。活動休止中の嵐を別とすれば、ジャニーズでは5年前のSMAPに次ぐ大型グループの解散となった。リーダー坂本昌行(50)の母が言う。

「解散は喧嘩してどうのこうのって話じゃないんです。メンバーが6人もいれば長瀬智也くん(元TOKIO)や大野智くん(嵐)みたいに、誰かしら夢を持つことってあるでしょう? 息子たちもそういう時期に来たんだと思います」

 1995年に結成されたV6は、岡田、森田、三宅からなるカミセン(Coming Century)と、年長組のトニセン(20th Century)、すなわち坂本と長野博(49)、井ノ原快彦(45)の3人からなる6人組。坂本と岡田の年齢差は9歳に及ぶ。

 この“年齢ギャップ”がV6の人気差を生んできた。

左から岡田、井ノ原、坂本、森田、長野(公式サイトより)

「デビュー当初は年少組の人気が先行し、森田と三宅が『剛健コンビ』としてブレイク。必死にしがみつこうとするトニセンの3人を森田と三宅が『うざい』と煙たがり、俳優を目指していた岡田も6人での活動を重く感じていた時期がありました」(前出・音楽関係者)

 グループを維持したのは、年長組の“大人な態度”だった。

「三宅らが生意気な態度を取ろうとも年長組は鷹揚に接し、トラブルを回避。ラストツアーでも演出や方針には口を出さず、カミセンに一切を任せたといいます」(同前)

 解散後、森田以外はジャニーズに残留しつつ、ソロ活動を始める。俳優として確固たる地位を築いている岡田はともかく、他のメンバーはどうするのか。

岡田の妻・宮﨑あおい

「紅白司会の経験もある井ノ原はバラエティ中心。森田は独立後も妻の宮沢りえのサポートを受けながら役者業を続ける予定で、来年1月には6年ぶりの出演映画が公開される。ここまではまずまず安心」(同前)

森田の妻・宮沢りえ

 50歳の坂本は、ジャニーズ随一の歌唱力を誇る。ミュージカルや舞台に軸足を置けば、それなりの活動が見込めるという。

「2番目に年長の長野は少々苦しいが、調理師の資格を持つので、情報番組などでグルメタレントとしてアピールする道か」(同前)

長野の妻・白石美帆

 実は、もっとも先行きが不透明なのが、2番目に若い三宅だ。

“奇跡のおじさん”

「来年2月に主演舞台が決まっているが、テレビ出演は現時点で『みんなの手話』(NHK Eテレ)のみ。トーク番組などにゲストとして呼ばれる機会は多いが、メンバーでいちばんレギュラーが少ないのが三宅なのです」(女性誌記者)

 だが事務所内での立場は盤石なのだという。その秘密は“副社長との絆”だ。

「後輩にあたる滝沢秀明副社長(39)は、Jr.時代にV6のバックで踊った経験がある。当時から三宅を慕い、今も『先輩』と呼び最大の敬意を払っている。16年には『滝沢歌舞伎』への出演をオファーし、『KEN☆Tackey』として2人でCDを出したことも。3歳下の滝沢は、いつまでも見た目の変わらない三宅を“奇跡のおじさん”と評している」(前出・音楽関係者)

副社長

 昔も今も、うしろにタッキーがいれば大丈夫!?

source : 週刊文春 2021年11月11日号

文春リークス
閉じる