週刊文春 電子版

同姓同名で大混乱 2人の「亀井あきこ」を直撃した

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治

 自民党の重鎮、細田博之氏(77)と立憲民主党前職の亀井亜紀子氏(56)が対決した島根1区。だが、もう一人の「亀井あきこ」の参戦で突如、注目選挙区に――。

 亀井久興元衆院議員の長女で知名度のある亜紀子氏に対し、公示4日前に無所属で立候補した亀井彰子氏(64)は全く無名の主婦。だが、投票用紙に「かめいあきこ」と書かれ、どちらか判別がつかない場合、得票割合に応じて振り分けられる「案分票」となる。

個人演説会に現れた亀井彰子氏

「他候補が選挙カーで精力的に選挙区を回る中、彰子氏の姿は見当たらない。ポスターもほとんど貼られていなかった」(地元記者)

 プロフィールによれば、彰子氏は岡山県井原市出身。同志社大を卒業後、岡山で中学校教師を3年間、島根で講師を6年間務めている。

 彰子氏の夫を訪ねたところ、「選挙のことは寝耳に水でした」と困惑する。

「(妻とは)連絡が取れません。別居してるんですよ。私もニュースで知ったんです。子どもたちも『え~っ!?』という感じで」

――亜紀子氏と同じ名前だから出馬した?

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年11月11日号

文春リークス
閉じる