週刊文春 電子版

小室圭さん「本当の実力」 不合格は「想定外」ではなかった

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 働き方

 NY州司法試験の結果は、まさかの「不合格」だった。だがこれまで小室さんの周囲が証言してきた「本当の実力」からすれば、この成り行きも必然だったのかもしれない。新婚早早、青写真に狂いが生じた2人の運命は――。

 

 一人の男性の“試験結果”に、日本中が騒然となった。

 10月28日。秋篠宮家の長女・眞子さん(30)との結婚を果たしたばかりの小室圭さん(30)のもとに、非情な通知が届いた。米ニューヨーク州司法試験の不合格の知らせだった。

 宮内庁担当記者が語る。

「現地時間の28日、受験者に試験結果が通知され、翌日には合格者一覧がサイトにアップされました。この中に小室さんの名前は無かったのですが、合格者数に対して名前が掲載されている人が6名少なかったことから『合格したが掲載されていないだけなのか、あるいは本当に不合格なのか』と、情報が錯綜しました」

 混乱に拍車をかけたのが、30日の未明頃から、小室さんの勤務先であるNYの法律事務所のホームページが、突如見られなくなったことだった。

小室さんの勤務先HPは日本からアクセスすると「エラー」に

「小室さんの肩書きが、いまの『ロークラーク(法務助手)』から『弁護士』に変わったかを確認するべく、日本からのアクセスが殺到していたため、事務所側が日本からのアクセスのみを遮断したものと見られます」(IT関係者)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年11月11日号

文春リークス
閉じる