週刊文春 電子版

立浪和義(中日ドラゴンズ 監督)「彼は彼のやり方がある。それをどうのこうの言うのは、一切ないです」|鷲田康

野球の言葉学 第595回

鷲田 康
エンタメ 社会 スポーツ

「監督とは呼ばないでビッグボスでお願いします」

 11月4日午後2時。札幌で行われた日本ハム・新庄剛志監督(49)の就任会見は異例のものだった。

 茶髪にサングラス、ワインレッドのスーツの中の白シャツの襟は必要以上に大きく、そして立っていた。炸裂する新庄節に笑いが起こり、それに乗っかり、悪ふざけのような質問が飛ぶ。会見はまさに新庄劇場開幕を告げるイベントだった。

「優勝なんか目指しません」と語った新庄監督

 その異色会見が始まる約4時間前の午前10時。遠く離れたナゴヤ球場は、札幌とは真逆の緊張した雰囲気に包まれていた。中日の立浪和義監督(52)が、紺色のスーツにネクタイという“正装”で、秋季キャンプ初日の視察を行ったのだ。

 立浪監督は練習開始前には選手を集めて、キャンプの基本方針を説明。そして最後にはこう話した。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年11月18日号

文春リークス
閉じる