週刊文春 電子版

紅白4回「ゴールデンボンバー」歌広場淳 不倫・妊娠中絶女性が「偽りのエアー愛」告発

「週刊文春」編集部

PICKUP!

エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 音楽

 黒いスーツ姿で歯を食いしばる、リーダーの鬼龍院翔(37)。相対するゴールデンボンバーのメンバーたちが、次々に鬼龍院の頬をはたいていく。

 鬼龍院が結婚するまで妻以外の女性と二股交際していたと報じた小誌記事を受け、9月19日に生放送された「謝罪動画」の一幕だ。

 だがこのとき、鬼龍院の頬以上に、歌広場淳(36)の掌にもまた鈍い痛みが響いていた――。

 4年連続の紅白歌合戦出場という輝かしい実績を誇るゴールデンボンバー、通称“金爆”。4人組の彼らが他と一線を画すのは、ヴィジュアル系エアーバンドと謳っているとおり、楽器を演奏しないことにある。

 ボーカルの鬼龍院以外の3人は、楽曲に合わせてギターやドラムを演奏するふりをする“エアー演奏”。2004年の結成以来、楽器の代わりに体を張ったパフォーマンスでライブ会場を盛り上げてきた。

 彼らが注目を浴びたのは12年。「女々しくて」が爆発的ヒットを記録したのだ。カラオケランキングでは51週連続1位という当時の新記録を樹立した。

 金爆の“エアーベーシスト”であり、ライブでの振り付けを担当するのが、歌広場淳である。

「アメトーーク!」などバラエティに単独で出演することも

 大学時代に金爆を知った歌広場は、「ベースが弾けなくてもいい」という募集条件に惹かれ応募。鬼龍院と意気投合し、07年に途中加入した。

「金爆一の知性派で、日大芸術学部の文芸学科出身。文学はもとより宝塚歌劇団やアニメにも造詣が深い。『プロゲーマーになりたい』と公言するほどのゲーム好きとしても有名で、ゲーム関連の単独仕事も多くこなしている。ゲームのライブ配信チャンネルを開設し、月に10回以上配信しています」(音楽関係者)

 16年、歌広場が「こけし似」だという、同い年の女性との結婚が報じられた。19年に第1子の女児、そして今年8月には第2子となる男児が誕生。グループ唯一の「パパ」として、公私ともに順風満帆といえる暮らしを送っていた。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年11月18日号

文春リークス
閉じる