週刊文春 電子版

紅白4回「ゴールデンボンバー」歌広場淳 不倫・妊娠中絶女性が「偽りのエアー愛」告発

「週刊文春」編集部

PICKUP!

エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 音楽

 黒いスーツ姿で歯を食いしばる、リーダーの鬼龍院翔(37)。相対するゴールデンボンバーのメンバーたちが、次々に鬼龍院の頬をはたいていく。

 鬼龍院が結婚するまで妻以外の女性と二股交際していたと報じた小誌記事を受け、9月19日に生放送された「謝罪動画」の一幕だ。

 だがこのとき、鬼龍院の頬以上に、歌広場淳(36)の掌にもまた鈍い痛みが響いていた――。

 4年連続の紅白歌合戦出場という輝かしい実績を誇るゴールデンボンバー、通称“金爆”。4人組の彼らが他と一線を画すのは、ヴィジュアル系エアーバンドと謳っているとおり、楽器を演奏しないことにある。

 ボーカルの鬼龍院以外の3人は、楽曲に合わせてギターやドラムを演奏するふりをする“エアー演奏”。2004年の結成以来、楽器の代わりに体を張ったパフォーマンスでライブ会場を盛り上げてきた。

 彼らが注目を浴びたのは12年。「女々しくて」が爆発的ヒットを記録したのだ。カラオケランキングでは51週連続1位という当時の新記録を樹立した。

 金爆の“エアーベーシスト”であり、ライブでの振り付けを担当するのが、歌広場淳である。

「アメトーーク!」などバラエティに単独で出演することも

 大学時代に金爆を知った歌広場は、「ベースが弾けなくてもいい」という募集条件に惹かれ応募。鬼龍院と意気投合し、07年に途中加入した。

「金爆一の知性派で、日大芸術学部の文芸学科出身。文学はもとより宝塚歌劇団やアニメにも造詣が深い。『プロゲーマーになりたい』と公言するほどのゲーム好きとしても有名で、ゲーム関連の単独仕事も多くこなしている。ゲームのライブ配信チャンネルを開設し、月に10回以上配信しています」(音楽関係者)

 16年、歌広場が「こけし似」だという、同い年の女性との結婚が報じられた。19年に第1子の女児、そして今年8月には第2子となる男児が誕生。グループ唯一の「パパ」として、公私ともに順風満帆といえる暮らしを送っていた。

 だが、ある女性との出会いが運命を変えた。

 昨年1月、都内の酒席で隣に座ったのが、飲食店で働く20代のA子さんだった。長身でスレンダーながら、どこか幼さの残る笑顔が、歌広場に家族の存在を忘れさせた。

 A子さん本人が、小誌の取材に明かす。

「淳くんとはLINEを交換しました。朝方にお開きになった後、2人でタクシーに乗ってホテルに行きました」

 その日、早くも2人は男女の関係になった。それからは毎日LINEで連絡を取り合っては、デートを重ねるようになる。最初の頃は、1カ月のうち20日ほどは会っていたという。

「ケーキを買って私の家にきてくれたり、韓国料理屋さんとか、かき氷屋さんに連れて行ってくれたり。ディズニーランドにも何回も行ったし、高尾山に登りに行ったりもしました」

 2人で初めて遠出したのは大阪だった。歌広場の地方での仕事の際に密会するのがお決まりで、

〈沖縄一緒に来てくれる?/A子ちゃんと思い出作りたいし!!!〉

 などとA子さんを誘った。北海道や伊豆への旅行に誘うこともあった。

〈24の早い時間に来たら一緒に一泊できるよ!〉

蜜月の頃の歌広場からのLINE

 A子さんは、歌広場が結婚しており、これが不倫であることは知っていた。

「この頃は本当に毎日のように会っていたし、『夫婦関係は破綻している』『ずっと一緒にいたい』と言ってくれていたので、奥さんとは別れるものだと思っていました。誕生日にはプレゼントの包みを2つ出して『どっちがいい?』と聞かれたので一方を選んだら、『じゃあ俺はこっちね』と、お揃いのネックレスをくれたこともありました」

 昨年8月、歌広場は新型コロナに感染。A子さんは療養中のホテルを見舞った。

「建物の中には入れないので、ホテルの外から電話で話しました。『ロミオとジュリエットだね』なんて言っていました。淳くんが発熱した2日前にも会っていたのですが、私は発症しませんでした」

 転機は、出会いから1年が過ぎた頃に起きた。今年2月、A子さんの妊娠が発覚したのだ。相手は歌広場以外にはいないという。

〈不安だと思うけど、俺は逃げも隠れもしないし、ずっとそばにいるよ! 俺も大好きだよ!〉

〈恋人だしパパだから!〉

 妊娠を知らされた歌広場は、不安がるA子さんに男気のあるメッセージを送った。だが――。

「すぐに『堕ろしてほしい』『認知はできない』と言われるようになって……。いつも避妊してくれなかったのに。私は産みたいと思っていたので、そこからは喧嘩しては仲直りを繰り返すようになりました」

妊娠判明後の歌広場からのLINE

 4月のある日、A子さんは突如として破水。妊娠14週だった。この症状について、慈恵病院の理事長兼院長で、産婦人科医の蓮田健医師が解説する。

「妊娠14週の状態で完全破水すると、赤ちゃんはおなかの中で育つことができなくなります。一概には言えませんが、通常だと切迫流産と診断して、中期中絶をおこないます」

歌広場はどう答えるか

 絶対に産みたいと思っていたA子さん。しかし、辛い決断をせざるを得なかった。医師から「人工妊娠中絶に対する同意書」が手渡されると、「配偶者」の欄にはパートナーである歌広場が本名でサインした。

 中絶はおこなわれたが、A子さんは、現在に至るまで、胎盤が子宮内に残る「胎盤遺残」の症状に苦しんでいると語る。

「5月と6月に1回ずつ、大量出血して救急搬送されました。今でも急におなかが痛くなったり、体調不良が続いています」

 仕事も辞めるよりほかなく、歌広場から生活費を受け取ることになった。月額20万円で、のち30万円に。通院が必要な来年2月分までの約束だという。

 そして8月、A子さんに追い打ちをかける出来事があった。歌広場に第2子が誕生したのだ。

「奥さんとの関係は破綻していると言っていたのでショックでした。奥さんが私と同じ時期に妊娠していたのに、誕生直前まで隠していたのも許せませんでした」

 A子さんを取りなすべく、歌広場はこんなLINEを送っている。

〈16日に退院だから、そこで会って話すつもりだよ〉

 出産直後の妻に、A子さんとのことを話すという。

「それでもまた、『離婚は2年待ってほしい』『一緒に住めるようにしたい』などと言ってきて……」

 二転三転する言葉に“我慢の限界”に達したというA子さん。10月下旬、ついに修復不能な喧嘩に発展すると、11月1日に来年2月分までの生活費をまとめて受け取ったのを最後に、歌広場からの連絡は途絶えたのである。

 歌広場はA子さんとの関係について、今、どう考えているのか。小誌が歌広場の携帯電話にメッセージを送ったところ、所属事務所が対応。A子さんとの関係や妊娠、中絶について問うと以下のように回答した。

「ご質問につきましてはプライバシーの問題等もございますので、詳細をご回答することはできませんが、ご質問の前提となる事実に関しては概ねその通りでございます」

 禁断の愛は、歌広場の“エアー”な言葉の数々の果てに、悲しい愛憎劇となって終幕を迎えた。

歌広場とA子さんの自撮りツーショット

source : 週刊文春 2021年11月18日号

文春リークス
閉じる