週刊文春 電子版

維新3回生が議員会館で"マルチ化粧品セミナー" 4回生は妻の“マントラ”で会館来客拒否

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治

 衆院選で大幅に議席を増やした日本維新の会。先週号では、公選法違反や議員会館の不適切使用の疑いのある2人の4回生議員について報じたが、今度は――。

「最先端の再生医療技術を使った化粧品で、革新的な若返り効果があると説明された。今が投資のチャンス、と。開発者が医師免許を持つ政治家で、議員会館でセミナーをやると聞き、安心したのですが……200万をつぎ込んでしまいました」

 こう嘆くのは、消費者庁から今年8月、特定商取引法違反で6カ月間の取引停止を命じられた「ITEC INTERNATIONAL(アイテック)」の元会員女性だ。

 同社は化粧品などの“マルチ商法”を手掛け、大学との架空の共同研究など虚偽の説明に基づく違法な勧誘をしていた。山口孝榮オーナーら2名も6カ月間の業務停止命令を受けた。

「私が信じたその政治家というのが、維新の伊東信久氏(57)です」(同前)

 橋下徹氏と関係の深い歌手の故・やしきたかじんの主治医だった伊東氏。12年に初当選し、17年の選挙では落選したものの、今回、大阪19区から3回目の当選を果たした。

「伊東氏は目玉化粧品『MATRIX』シリーズの開発者や監修者として、広告などで紹介されていた。大勢の会員を前に何度も講演していました」(同前)

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年11月18日号

文春リークス
閉じる