週刊文春 電子版

不倫発覚 ゴールデンボンバー・歌広場淳に6人の女性が「えっ、私も彼女でした」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

〈家庭を持つ者として社会のルールや倫理に反する行動を取った自分を恥じ、深く反省をすると共に、自分自身を見つめ直して行く所存です〉

 11月10日、ブログにそう綴ったゴールデンボンバーの歌広場淳(36)。

 曲に合わせて楽器を弾くふりをする“エアーバンド”ながら紅白歌合戦に4年連続出場。「女々しくて」などのヒット曲を持つゴールデンボンバー、通称“金爆”。公式サイトの表記によると「Be-su」を担当するのが“エアーベーシスト”の歌広場だ。

 

 2016年に結婚し2人の子に恵まれた歌広場。だが今年、不倫の末に相手の20代女性・A子さんが切迫流産、妊娠中絶に至った。

 小誌前号のA子さんによる告発を受け、歌広場は冒頭のメッセージを掲載、活動自粛を発表したのである。

 だが、話はそれで終わっていなかった――。

 小誌発売直後より、歌広場の行状を明かす女性たちの声が、次々に寄せられたのだ。

「本命の彼女の存在を知らされず、二股をかけられていました」

 そう語るのは、30代のB子さんだ。

 秋葉原のメイド喫茶で働いていた彼女と、客だった歌広場が、共通の趣味であるバンドの話で意気投合したのは今から10年ほど前。当時、金爆はまだ“知る人ぞ知る”存在だった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年11月25日号

文春リークス
閉じる